上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「被災地の街や暮らしを元どおりにし、復興に向けて歩む道を確かなものとしていくためには、少なくとも5年間で20兆円近くが必要になると試算されています。これだけ巨額の資金は、国会が決断しなければ手当てすることはできません」

「復興財源案では、基幹税である所得税や法人税、個人住民税の時限的な引上げなどにより、国民の皆様に一定の御負担をお願いすることとしています。国家財政の深刻な状況が、その重要な背景です」

野田佳彦首相が28日、衆議院本会議で所信表明演説。
いかにもごもっともらしい演説です。
そして以下のような発言に繋がる。

「今日生まれた子ども一人の背中には、既に700万円を超える借金があります。現役世代がこのまま減り続ければ、一人当たりの負担は増えていくばかりであり、際限のない先送りを続けられる状況にはありません」

何かおかしいですねー。
財務省の言いなりで、財務省はホクホクですね。
財務省と民主党は相性がとってもよさそう。

でも以前取り上げた記事からのコピペはこれさ。


国民一人当たりの貯蓄高は、世界第二位のアメリカに比べても
ダントツに高い、世界最大の貯蓄超過国
国債はほとんど国内で極めて低金利で安定的に消化されている
さらに日本は世界最大の経常黒字国、債権国であり、外貨準備も世界最高。
これは財務省が海外に向けて、英語で発信している、真実で
それを国内に向けては、一人当たりの借金額にすり替えている
財務省は海外と国内で二枚舌を使い分けて、税金を上げる口実を作りたがる

と経済原理にお詳しい評論家が述べておいでです。
国民の借金ではなく政府が国民から借金しているだけ、
政府は債務者で国民は債権者なので
孫に借金を残すのではなく、孫に資産を残しているというのが真実でしょう。
財務省の人たちは、減税は仕事のうちには入らず、
増税すればりっぱな仕事をした気分になれるので
下手な理由をつけては、増税を煽ることに終始するのだと、どこかで読んだなあ・・


野田首相「今日生まれた子供、既に700万円超の借金」はウソ
リバティニュースクリップ参照
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3172
関連記事
2011.10.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2852-56e46ed8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。