上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


遠方を撮れないデジカメではこれぐらいがいいとこ。
何やらしゃべっているのは、担任。
スポンサーサイト
2013.09.29 / Top↑
大阪ステーションシネマに出かけたのは初めてで浦島花子な気分だ。
梅田にでることすら滅多にないのだけども・・
どこから人が湧いてでてくるのかと思う。
あのビルだけでも相当な遊び人の許容量、
あのビルだけじゃない、レジャー施設の氾濫ぶりにめまいがしそう
さっき歩いたところに戻れません。

前振りがたいそう面白そうで
珍しく家人が観たいというので便乗してきました。
で、面白かったのかというと
時間を気にせず退屈はぜず、実写映画としては
ロケーションのスケール感もあり観せてくれました確かに。
それなのに音楽付きのエンドロールが始まると席をさっさと立てる気分でありました。
「神秘の法」のほうが数倍良質だと思います。
少なくともエンドロールに流れる音楽は胸にしみ、心も洗われて
余韻をかみしめていたら、立ち上がろうと思っても立ち上がれません。
無理です。
とかなんとか言いながら野村萬斎という役者、狂言師が
マイフェイバリットであることには違いありません。
今回よりも「陰陽師」のほうが良い味出しているのではないでしょうか?
と私は思う。


P1000033_20121104203512.jpg
手前のビルが鏡のように映り込んでいるここが梅田のとあるポイント。
光が降りたところ。


P1000045_20121104203536.jpg
大阪ステーション

P1000047_20121104204031.jpg

帰りボーっとしてユニバに行きそうになる(古巣ですな)


P1000050.jpg P1000051.jpg
西九条まで戻り車窓から撮る。ラ・ムー(光のかたまりだ!?) 商店街とは名ばかりの道を、家路へと急ぐ

2012.11.04 / Top↑
二世野村 萬斎(のむら まんさい、本名・野村武司(のむらたけし)の
「陰陽師」が今夜9時に放映されるようです
(ツイッターか)

あ、そうそう、ツイッターのIDPWの変更を
一日の内に繰り替えし余儀なくされるので、ID消去するに至る。
で、違うPCから別人に成りすまして
ロム専門(もともとロム専門)で登録したよ~。
ざまあみたらしだんご~~~~~。

DSC00099.jpg

陰陽師の五芒星をもらう。
おされ~~
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E4%BA%94%E8%8A%92%E6%98%9F
2012.10.31 / Top↑
DSC00097.jpg

いつも律儀にお土産買ってくる人
2012.10.28 / Top↑
40近いか、過ぎたかわけわからない独身おっさんと二人で
給料日のあくる日の今日
青春片道切符で、仕事も休んで(有給扱いにしろと)旅行に行ったというので、
「どちらへ?」と家人に訊ねたら
全国の神さまたちが大集合している出雲大社へ、縁結びをお願いしにいったと。
何でもよいから赤い糸を手繰り寄せてまいりたまえよ、きよめたまえよ
かしこみかしこみ~~~。

神無月の語源・由来
http://gogen-allguide.com/ka/kannazuki.html

出雲の国(島根県)は神在月になるのか、なるほどね~。

神さまつながりの田母神さんがツイッターでつぶやいている

歴史認識と放射能認識の誤りが日本弱体化を加速させています。歴史認識の誤りが国を守る体制を作る事を妨害します。放射能を極度に恐れすぎて電力供給が不十分になりGDPが縮小します。就職も出来ず日本の優良企業も次々に外国資本に買収されます。


正論です。

2012.10.26 / Top↑
何気に思い出してしまうときがある。
去年の夏の終わりのこと。
夫婦愛もうらやましいその片割れが
あれよあれよと亡き人となり、
残された片割れの失意はいかほどのもの
弔いを終え数日経ったであろうか
ある朝目覚めてみれば、台所の椅子に座るきみ
会話は普通に交わされる
しかし片割れトイレに立ち、そのまま出てこなかった。



でもこの話には続きがあったな、確か
またまたある日現れたって。
出るのはふつうに驚かないけど
みえないのがふつうじゃないのか
気配じゃないんだし・・・
だけどもリアルにみえるひともたまにいる。

夫婦愛で神秘を引き寄せることができるか・・・
いまごろ何しいるのかなぁ・・と思う時がある。

2012.10.23 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。