上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ナチスに支配されたチェコが舞台ですが
この類の映画に良くあるパターンの重苦しさからは
少々違った側面から描かれた映画のようです。
収容所から脱走したユダヤ人ダヴィドが、
かつて仕事で関わりのあった夫婦ヨゼフとマリエにかくまわれる。
厳しい情勢と、シェルター暮らし
日常の暮らしを舞台に、ナチ側であろうとなかろうと、
どんな立場におかれる人にも一握りの良心が見え隠れする。
選択の余地がない時代背景の中で、現実逃避をにおわせながら
持ちえた善なる心根が、人との絆を深め、心を溶かしあう。
人間の行為の、愚かさとやさしさを同時に描いています。
ヨゼフ、マリエ、ダヴィド、それぞれの名前から何をか想像せん
そう、この映画の背景には聖書を絡めてあって
映画の原題「私たちは共に助けあわねば」は、
マルコ伝「手を携えよ、さもなくば滅びん」からきていると、
どこかのレビューで読みました。
ラストシーンを見ると、原題よりも
「この素晴らしき世界」のほうがしっくりします。
希望の時代の到来と、新しい命の誕生。
戦争の残した「廃墟」の中をベビーカーを押しながら歩くヨゼフの心は
キラキラと、命の喜びにあふれているようでした。
スポンサーサイト
2005.10.24 / Top↑
少々バタ臭い第一印象をうけるヒロインは、やや妖(怪)しい。
厚化粧は身づくろいのうち、お洒落な衣服と同じ感覚、
素顔は裸同然と言いながら、暇さえあれば手鏡相手に化粧を整えていたりする。
香水ぷんぷん匂わせて、ちょっといやらしいタイプかも、なんて。
ところが実際はそうでもないのです。
お洒落は職業病なだけで、本当は素顔美人。
ジャン・レノ扮するシェフも、素顔美人も惨めな者同士。

内容的に甘ったるさはなくて、心地よい甘酸っぱさはあって、
じれったくもあり、互いに惨めな現実から逃れようと積極的で、
互いに行くべき目的地は別のところにあったりする。
行きずりのまま、ドライな関係で終わったかにみえるのだけど
二人とも心のうずきに気持ちよいほど素直でいられたので
ハッピーエンドになるための”もつれ”は程よい加減で
さわやかなエンディングを迎えられたそんな映画。

女性はしがらみのある男性から逃れたいと思い
男性は過去の女性に未練たらしい感情を持つ。
これは永遠の真理なのでしょうか。
そんな二人の恋物語でした。

まだまだ、こういった映画に感情移入が出来る自分がうれしい。
老いて死にゆかんとするタイプの映画がお好みにもかかわらずですから。
2005.10.24 / Top↑
音楽も、静かできれいな映画だったなぁ。
内容は、運命に翻弄される、一人暮らしの資産家青年の話。
自分とかかわりを持つ人間は、皆死んでゆく、
子供の頃から、周りの人間に死神と呼ばれてきた青年が迎える結末は・・・

月の引力が潮の満ち干に関係していると知ったのが12歳の時。
夜を照らすあの月が、大海をも動かす神秘の力をもっているのなら
自分の運命だって変えられるはず。
それからというもの毎晩のように狼男を思い、月を仰ぐ。
月のパワーを授けられたかった、運命を切り替えたかった。
それでも悲しい出来事が起こり続ける・・・・
定めなどと言うものは自分で切り開かない限り、どうしようもない。
誰かがどうしてあげられようか。
しかし、彼を助けてあげられる人はやっぱりいるのだ。
それが愛の力。愛の力に勝るものはなし・・
愛の泉はこの世界からいなくなってしまったけれど、
愛の形跡は、命を絶とうとした彼の心に届くのであります・・・
2005.10.24 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。