上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
たまに保育園からもらいものがあるんです。
何かの催し物の優待券とか、ご紹介とか・・今回は「金のがちょう」の絵本に添えて(どっちが添えられているのか分かりませんが)スミセイの紹介がてら「絵本の与え方」「よみきかせ絵本ガイド」など一式いただきました。
その中に赤ちゃんの絵本紹介コーナーがあって、なじみの絵本がいろいろ載っているんですねー。
やはり紹介されるだけあって納得の選択です。
「きんぎょがにげた」「おつきさまこんばんは」「がたんごとんがたんごとん」「がちゃがちゃどんどん」はロングセラーで今でも思い出したようにせがまれます。
3歳近くなっても関係ないんですね。
フレーズの心地よさと目を楽しませてくれる何かがきっとあるのでしょうね。
その差は、はっきりはわからないんですが、催促されて飽きている本とそうでない本が確かにあるので、その違いが幼い子にもあるんだと思います。
赤ちゃんの絵本はいっぱいあるのに選ぶのは決まってるんですね。

2~3歳児になると、家にある絵本とまるっきり違ってきます。
あぁ偏って与えてきたんだ・・・と気付きます。
紹介されているものはきっと「おつきさまこんばんは」のような良書なのでしょう。
夜空を見上げて「おつきさま、こんばんは、こんばんは~~」と口から吐いて出てくるんです。
あ、くもさん、どいてどいて。おつきさまがないちゃうよ~

そういえば最近催促するのは、電車図鑑のほかには保育園で購読している「ミミちゃんえほん」と、ぷっとまいてぷっとまいてぷっぷっぷーの「みみかきめいじん」

困るのは「100にんかくれんぼ」

DSC01483.jpg

ページごとに海賊、王さまさ、似てる子だったりするんですが、必死になって一人ずつさがし当てたら、孫はそれだけしっかり覚えてるもんだから、催促されてまた必死になって探して、先越されてしまう。こっちはしんどいのにもっとやろうもっとやろうとなるので、疲れ果ててギブアップです。
じゃ~おばぁばも覚えときゃいいじゃんって・・・それがね~~
与え方を間違えると大変なことになるんですね。
関連記事
2009.12.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/1457-db4fdee6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。