上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
性同一性障害の人の実話。
映画では、病気のニュアンスで語られてましたけど、肉体と魂の性別は必ずしも同一でなければならないとは思わないし、心=魂だと思っているので病気だとも思いませんね。しかるべくしてそうなるっていうか、まぁ転生輪廻説ではそうなりますね。男性の魂が女性に生まれ変わるなんて珍しくもないだろうし、それでもそれらしく性別らしさのバランスを保って生まれるんだろうとは思う。ごくまれに、バランスを違えて生まれるのか、あえてそう選んでくるのか・・・定かではありませんが。
だからそういう人たちは、肉体と違う性で生きるのがごく自然なんですよ。ただ、世間の目は厳しいですからね、つらいね~~~。彼(彼女?)を取り巻く一部の人間のとった行為は割り切れないし、若いみそらで終止符を打たざるを得なかった彼女が、あちらにもって帰ったものは、いったいどれだけのものだったんだろう・・想像はしてもし尽くせない、その立場を生きた人間にしかわからない。だけどもその一端なりを垣間見せてくれる映画がありがたいじゃないですか。この主人公は最悪の終焉でありました(この世的に)なんとも後味の重たい映画でしたね。
関連記事
2005.10.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/147-78d9428b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。