上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
というのがつい最近ありました。
まだ世間は暗い4時半開始で、家庭内事情により真夜中の目覚まし時計はご法度なので、
自力で目を覚ますしかなく、3時ごろから気になりはじめ、
目が覚めては寝、覚めては寝をだいたい10分おきに繰り返し、
結局のところ3時から寝てないのと同じようなものです。
それでまだ早いですが3時50分からパソコンの前にスタンバイし
今か今かと待っておりました。

4時半過ぎですか、お待ちかね始まりました~~~。
が、録画は愚か、簡単便利な超録すら使えず、
とりあえずMD直録音と使い難い録音ソフトと同時並行。
終わってみればですね、MDは失敗。
コンサートは前半部分しか鑑賞せず。
美味しい後半とアンコールの2曲は彼方の藻屑。
途中何度も「もうすぐ次のステージが始まりますから、別なところへクリックしないでね!」
とアナウンスしておったそうです。英語で。
前半が終わったあと、西洋美人お二人によるインタビューの時間。
観客たちを相手に素晴らしいだの、素晴らしいだの素晴らしいだのと
インタビューしていたのが長かったし、
というか英語が理解できりゃ、長くもなかったんでしょうけれど?
そんなわけで厳かで豪華絢爛な会場の客席はまばらでしたし、

「終わったな」

と思って、日が明けてからのことも気になるし寝早しちまったのでした。
だってその日は分刻みの自転車操業も息切れものの忙しい一日が待っておりました。
体調を万全に整えておく必要がありました。

何のために3時から気合を入れていたんだろう?、取り返しのつかない真夜中の出来事でした。

以前誤訳に挑戦していた、Donovan-The Illusionをyoutubeから
おなぐさみでもってきました。



It's called "The Illusion" from the new album called Ritual Groove
(donovan)

武力で、血の色に染まった回廊を
いつの日か 心穏やかなラマは 歩くだろうか
破壊された この国の寺院の中で
心穏やかな ラマが語るときは くるだろうか

事態が好転するのは難しい
なさねばならないことは山ほどあるが、それも難しいだろう
秘密裏の軍の監視体制は、昼夜続き
仏陀のために座する僧は わずかしかいない

ああ、しかしすべては幻影 私たちはひとつ
人生は泡沫の夢 生まれるでなく 死ぬでなく
生きとおしの命を見つめる
ここに集う尼僧、僧のその息で その息で


功徳を得られますよう 私たちの瞑想で
照らせよ 仏の光を すべての無明の者たちに
行いを奉ずること、それが与えられた宿命
人間の本来の姿を知るために


ああ、しかしすべては幻影 私たちはひとつ
人生は泡沫の夢 生まれるでなく 死ぬでなく
心のうちにある 永遠のときを見つめ
限りない命の息吹に触れる 触れる

ああ、しかしすべては幻影 私たちはひとつ
人生は泡沫の夢 生まれるでなく 死ぬでなく
心のうちにある 永遠のときを見つめ
限りない命の息吹に触れる 触れる・・


英語わからなくたって、なにくそ翻訳機と仲間の協力があれば不可能はないんです
(ムカついてるし)
今回のコンサートのドノヴァンは・・ここ最近ずっとロン毛がお気に入りなのかしらん、
モナリザがパーマをかけてそのパーマが程よく慣れてきた感じのセンターわけスタイルですね。
若いころからずーっと額だしスタイルはなかったのでは・・・
ギターで両手がふさがっているのでいたし方ありませんが
額に落ちた髪の毛が気になって気になって・・・かきあげたくていーっとなりました。
関連記事
2010.01.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/1537-e508a616
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。