上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
生方氏「二、三、お話したいことがあるんですが」

小沢氏「副幹事長になるんだから、いつだって話しは出来る。今日は忙しいから」

いつだってどんなときだって、真っ向から向かい合わないのが小沢流儀、西村眞吾氏による。

解任の急先鋒だった幹部は「これが大人の解決や!」と小沢氏の判断を絶賛
その上で、「もう生方さんは党の外に向かって(批判を)言えない」
雨降って地固まる」と述べた。

それに対して生方氏
雨が降ったらぐしゃぐしゃになる。簡単に固まらない」と述べた。
(産経新聞3月24日付一面)

解任されたと知って、お、なかなか気骨がある人もいたんだね♪
ちょっとうれしかったけど、この一件にはまるで関与してなかったような口ぶりで
(チョイ見したテレビもまるっきり同調)
元の鞘に収めたことになっている小沢氏との今後の関係は如何ように。
居残るからには反骨精神で党内を浄化するための一翼を担うのか、
小沢氏に飲み込まれていくのか、
今後の成り行きに好奇心が注がれます。



フツーの感覚なら、小沢さんやっぱ異常ですけどね。
異常が正常にウツル神経はやはり・・・
関連記事
2010.03.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/1643-d91eedb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。