上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
【日曜日に書く】政治部・阿比留瑠比 前提失った参政権推進論
産経新聞本日付

先日、自民党の高石早苗氏が資料提出した
「戦時徴用残留者は245人」の根拠を説明した記事

高石氏が外務省に資料を要請し、「そんな古い資料はもうない」としていたものが、最近になってようやく見つかったと報告したもの。
それによると、「現在日本に移住しているものはみな自分の自由意志によって日本にとどまったものまた日本生まれのものである。したがって現在日本政府が本人の意思に反して日本にとどめているような朝鮮人は犯罪者を除き一名もいない」としている。


高石氏が岡田克也外相に(これらの資料や見解が)「現在も有効か」とただしたところ、「急に聞かれても私、把握していないのでわかりません」と答えた。


≪強制連行が付与の根拠≫
ならばこの事実をしっかり把握され、見解を正さればよろしい。
これから民主党が目指すべき方向を転換されることを願ってやみません。
関連記事
2010.04.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/1659-4ce0b7a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。