上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC01709.jpg

こどもは見てる目の前でも落ちるときは落ちるので、こどもから目を離さないということは、どこら辺りを打ちながら落ちているのか、その打ち所、落ち具合をその目で確かめなさいと言うことでもある。しかしこれはだいじなことなんだと、今回のことでつくづく思わされた。鼻血ブーだけですんで、良かった。

でも、今回の件で、これまで見えてこなかったことも見えてきた。
翌日は「あきくん、まっすぐおばあちゃんと帰るんだよ」と釘をさされ、それでも園庭に吸い寄せられていくのを確認するや否や、飛んできて制止する担任。
次の日、またまた吸い寄せられていく孫を二階のお部屋の窓から「だめよー、まっすぐ帰ろうね~~」と声がかかる。これはすべて、総責任者の園長の判断なので、絶対なのだ。

ヒトラーは、全体主義ということばがお嫌いで、独裁主義ということばがお気に入りでしたが(笑)
すこし、似たような匂いをかぎつけた今回の一件でした、オイオイ(笑)
関連記事
2010.06.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/1857-8fffeefe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。