上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
まあ200曲も頑張れば、なんとか筋ぐらいは立つよと言われたような気がして、英語のお勉強もあり、英訳に挑戦し始めてずいぶん経つのだ。だけど、なんでも中途半端な性格が災いして、ここ数年、時間が止まっている。
天戸の岩に閉じこもったら、つい、羽を伸ばしたくなって(それが天使の羽なら言うことないのだが)時間を惜しみ、昔挑戦して別途記載中のを持ち帰る作業に追われているのであった(ごめん)
ついでに、過去の誤訳に音源を添える作業も並行したので、まさに時間を惜しむ、ここ数日なのであった。ま、労をねぎらってくれるような輩は居らぬが、自分がよければそれでいいのさ。


はい

この曲には、誤訳に挑戦の経緯ってのがあるんです。
あれは確か、Troubadourをアマゾンで予約注文した頃

てか、私は大昔ドノバンに心酔しておりながら、結婚をして、子育てに翻弄され、音のない世界に長年暮らし、子育てにひと段落つけて自分の時間があったはずだとふと気付き始めて、それから徐々に我を取り戻し現在に至った経緯があって(前置きが長くなりました)

そんなんで、ドノバンのコレクションは、近年かき集めたものがほとんど(ヴァンさん然り)
でよね、このアルバムに入っている目玉(自分にとってはね)の二曲のうちどっちかの対訳に挑戦してご覧よと呼び水してくれた御仁がいて、その二曲の詩だけは先にあったので、眺めて即、短いほうを選んで挑戦した。
挑戦はしたけど、まだブツが届く前のこと。詩だけ読んで訳すのは難しいのだよ~。やはり、音を聴いてイメージを膨らまさないとダメ。届いて聴いたら、詩からイメージした曲調とはすっかり違っていて、さっと仕上がった。
といっても中学生が訳すような硬い訳、加えて誤訳ときたら、スゴイですよ。




An outtake from the 7-Tease album, 1974.

There is a rapture that my soul desires
それは喜び ぼくの魂が望むもの
There is a something that I cannot name.
確かに何かがある だけど言葉に表せない
I know not after what my soul aspires
生まれる前から求めてきたものだと知っている
Nor guess from whece the restless longing came
ひたすら待ち望んできたのは本当だよ

But ever from my childhood have I felt it
ずっと幼い頃からそう感じてきた
In all things beautiful, in all things gay
すべてが美しくて、すべてが胸躍るよう
And ever has its gentle unseen presence
そして優しい気配といつもいっしょ
Falling like a shadow cloud across my way.
ぼくの行く道にシャドウのように射し来るのさ


It is the melody in all sweet music
たとえようのない甘美なメロディー
In all fair forms it is the hidden grace.
まさに、それは秘密の輝き
In all I love, a something that escapes me,
ぼくを解き放つものすべてが愛しい
Flies by pursuit and ever veils its face.
求めればいつも目の前に現れる
I see it in the woodlands, silver beauty
それは、森深く、銀のように澄んだ美しさのなかで見つけられる
I feel it in the breathing of the air.
辺りの空気を深く吸い込めば感じる
I stretch my hand to grasp for it to touch it
触れようとしても触れられない
When I do, well I know it is not there.
触れようとしたとき、そこには何もないことがわかる


La la la la la la
La la la la la la
La la la la la
La la la la la
La la la la la
La la la la la la la la la

But ever from my childhood have I felt it
ずっと幼い頃からそう感じてきた
In all things beautiful, in all things gay
すべてが美しく、すべてが胸躍るよう
And ever has its gentle unseen presence
そして優しい気配といつもいっしょ
Falling like a shadow cloud across my way.
ぼくの行く道にシャドウのように射し来るのさ

There is a rapture
それは最高の喜び
関連記事
2010.07.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/1919-908c8d78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。