上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
プラトンが洞窟で例えた、
光そのものを見ようとせず
光の影を実態と思っている愚かな人と同じ。
(目明き盲目)とはよく言ったもんだ。

憲法9条が平和のとりで
鍵をかけてない金持ち私の家に、泥棒さんどうぞお入りなさい。
金銀財宝好きなだけ持ってってくださいね。ニコニコ

こういうのを智恵のないお人よし、つまり”バカモノども”というんです。
プラトン「国家」第7章

「・・・とすると『教育とは、ある種の人々が主張するようなものではない』
ということになるね。
『魂のうちに知識がないから、知識を植えつけてやる』ことが
教育だと主張する人たちがいるけれど、
これでは『目の不自由な人に視覚を植え込むようなもの』
になってしまうね」
「ええ、そうですね」
「でもぼくたちの結論はこうだったね。
誰の魂のうちにも真理を理解するキャパシティ(能力)がはじめから潜んでいる。
しかしこの能力は、暗闇に釘付けされた目と同じ状況下にある。
暗闇に釘付けされた目は、体全体の向きを変えないかぎり、
光へ視線を転ずることができない。
真理を理解する能力もまた、魂全体の態度を変えないかぎり、
うつろう影の世界から抜け出せない。
魂全体の態度を変えたときにだけ、魂の目は
本当のリアリティの最高の輝きを見据えることができる。
そして、この最高に光り輝くものこそ『善』に他ならない。
こういうことだったよね」

菅反撃のろし 小鳩連合けん制「交代なら衆院解散」

へえ~~~
関連記事
2010.08.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/1980-4abf6ab2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。