上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
なかには驚異的なトレーニングを積んで、
肉体改造をする、非常階段のシルクさんのような人もいますが



フツーのおばさんだったら、加齢とともに、
シワたるみ白髪現象に、上手く付き合っていくしかないですよね。

ここのところ、左目の違和感が
目薬を差しても改善されないので、
近所の眼科で診ていただきました。
なるほど、左目だけ、上まぶたの裏が炎症していますね。
伝染性のない結膜炎ですが、目薬を出しましょう。


さすが餅は餅屋ですね。
一週間以上わずらわしかったのに、洗浄点眼だけで目快調。
気わずらいする暇があったら、餅屋に行きましょう。

で、そのときに半分冗談で、一言余計なことを言ってしまったんです。
加齢とともにまぶたも垂れてくるので
主人に左目がヘンやぞと言われたときも、
それを理由に、「別に?!」と応えたんです。

そうしたら先生
確かに
垂れ下がったまぶたにまつげが押されて、目に悪さしはじめます。

あなたの場合も目尻が少し(現象化)していますね
でも今回はそれが原因ではないと思いますよ。

さりげなく加齢を意識させる巧みさに、脱帽。
そんなつもりで言ったのではないのに。

ついでに話してくださったんですが、
若いころからコンタクトレンズを使用してる人は
まぶたの垂み(老化現象)が早いそうですよ。
私は近眼はありません。
老眼だけです。乱視と。

ちなみに結膜炎の原因になった映画はこれです

セント・オブ・ウーマン/夢の香り
確かにひき込まれた映画だったけど、
目を腫らしたと気付いたのは、観終えてから、はたと。
それからなっかなか腫れがおさまらず
一晩寝て落ち着きましたが・・・・おまけがあったんですね。
サービス満点。
関連記事
2010.08.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/1992-568b7cf6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。