上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
下書きして、出番を待っていたこれ、イキマス
相変わらず丸写しに近いからね~、気持ち短めに工夫しているんですが

質問者
企業家精神を醸成すること、あるいは企業家を育てることに関して、世界一のソニーを創られた盛田先生からの立場から見て、政治には何ができるのか、政治は何を期待されているのかについて教えて頂きたい。


ソニー創始者 盛田昭夫
今は新しい企業ができても、三年以内に、かなりの部分がつぶれてしまう。
その理由のひとつは、担保主義による金融

・きちんと審査をして、良好なところにだけ貸す。
・担保をしっかり取る。
・不正融資をしない

新しい企業には、当然、十分な担保がないわけだな。
では担保に代わるものはなにかと言うと、後は「企業の成長力」しかない。
だけども、日本の経済力が落ちてしまうと、倒産が増えてくるため、
銀行は”足踏み”をして貸さなくなるわけだ。

銀行はさまざまな企業の株を持っているが、株価が下がり、
資産力が落ちて、大胆な融資ができないわけだな。
大胆な融資をしたら、それが不良融資、不良貸付になって、
いつ刑務所行きになるかもしれない。
それが恐い。そうすると、新興企業に融資するのが恐くなってくる。

要するにお金の使い道が分からないのだから、
それを教えてあげなければいけないね。
政府の政策として、一押ししなくてはいけないところはそこだ。

企業を育てようとする銀行に政策的バックアップをする
それが政治の仕事だよ。

「雇用を増やしていける企業には、いろいろな利便性を与える」
例えば税制における利便性。
融資についてあまり厳格なことは言わないで
「企業をじっくりと長期的に育て上げていく」方針を出すこと。
「その雇用を、拡大していく」方針を立てることが大事だね。

だから、今、銀行のところが一番問題なんだ。

銀行のところに動脈硬化が起き、心臓からでる動脈にコレステロールが溜まって、血流が流れていない状態になっているわけだな。
このコレステロールを何とかして取り除き、血流をよくしなければいけない。
末端の、いろんな企業のところまで資金が流れ
これを成長させていけるようにしないと駄目だね。


これをしないで、「失業者がでたら国が補助金をまく」
ということをやっていたら、財政赤字が増え、増税になって、
税金を払う人が居なくなってくるね。
そんなところだ。



未来産業のつくり方―公開霊言豊田佐吉・盛田昭夫未来産業のつくり方―公開霊言豊田佐吉・盛田昭夫
(2010/08/23)
大川 隆法

商品詳細を見る

関連記事
2010.09.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2006-cbdef9bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。