上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


【黒川白雲政調会長寄稿】


沖縄・尖閣諸島の久場島から北北西約12キロの日本海領海内で7日午前、違法操業の疑いがある中国のトロール漁船を、哨戒中の海上保安庁(以下、海保)の巡視船が発見しました。

中国漁船は海保の巡視船の停船命令に従わずに逃走し、その際、船体を巡視船2隻に衝突させ、海保は意図的な妨害行為と判断し、公務執行妨害容疑で船長を拘束しました。

中国政府は丹羽駐中国大使を呼んで抗議し、直ちに船長を釈放するよう日本政府に求めましたが、船長らの拘束は当然のことで、衝突行為や違法操業の実態について徹底解明すべきです。

8月中旬以降、尖閣諸島の周辺海域で操業する中国漁船が増えており、海保は多い日で約270隻を確認。1日に70隻程度が領海内に侵入していた日もありました。

こうした事態を受け、海保は巡視船を常時配備して領海警備を行っており、事件が起きた7日も周辺で約160隻の中国船による操業を確認、うち約30隻が領海侵犯していました。

中国海軍は南シナ海で、自国の漁船保護を名目に艦船を派遣していますが、東シナ海でも漁船を「先兵」代わりに使っていると考えるべきです。

特に今回、漁船は再三の警告を無視した上、船体を海上保安庁の巡視船に接触させる“暴挙”に及んだ理由は、小沢氏の“変節"に対する強い抗議であると考えられます。

小沢氏は5日のNHKの討論番組で「一番問題なのは尖閣諸島。歴史上も尖閣諸島が中国の領土になったことは一度もない」「日本は果断な措置で、中国による軍事的脅威に対応せねばならない」と、これまでとは打って変わった「正論」を主張。

小沢氏は親中派で知られていましたが、「日韓、日中関係は日米関係に次いで重要だ」と語り、米中両国と等距離外交を行うべきだとする「正三角形」論を事実上、修正しました。

9/8に発刊された『小沢一郎の本心に迫る』(大川隆法著、幸福実現党出版局刊、8月27日収録)では、小沢氏の守護霊は「『結局、アメリカと中国の両方と、同じような対等の付き合いはできない』ということが明らかになってきた。

アメリカ側につくか、中国につくか、もう二者択一を迫られてきつつある…

私は、中国と外交で友好を深めようとしたけれども、『日本が危機になる』ということであれば、変身します」と語っています。

こうした小沢氏の守護霊のメッセージが、そのまま小沢氏本人の口を衝いて出た格好となりました。

これに対して、中国が極めて敏感に反応し、「小沢首相誕生」に“No"を突き付けたのが今回の事件の核心であると考えます。

黒川 白雲

「船長の逮捕」で 9月8日(水)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

中国漁船の船長が逮捕されました。
「我が国の法律に沿って厳正に対処する」。
官房長官は当たり前すぎるコメントをだしました。
他にいうことはないのか。
ケンカを売ってきたのは向こうであるにもかかわらず、
日本を違法者扱いしてきているのです。
こういう時にきっちり「百倍返し」くらいしなければ中国が正しいと日本が認めた、と取られかねません。

                              直道
関連記事
2010.09.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2020-a4c0f580
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。