上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

石平氏は「中国政府が尖閣諸島を領土であると宣言しているにもかかわらず、自国の漁船が拿捕されたことで、政府の主張と現実に大きなギャップが生まれ、中国の国民に疑問が生じてきた」と解説。
日本への強硬姿勢は、中国政府が国内世論を鎮めるためのパフォーマンスだとした。
こうした背景から「日本側は慌てることはなかった。国内法に基づいて処分すると言う姿勢を貫けば、困るのは中国のほうだった」と述べた。



嘘ばっか吐いて国体をつくってきた中国のツケを、なんで日本が代償しなきゃならないんでしょうねえ。
ぶざまな姿をさらけ出すのは向こうの勝手だけど、それ以上にみっともない姿をさらしているのが日本にはいますからね。
たとえばヤクザの脅しに屈せず、毅然とした態度で取り締まるのが警察の勤めかどうかなんて考える余地もないのに、国家単位ともなれば、とてつもなく大きな難題に見えて、答える能力も資格もない人間が、イッパシの顔をして、いかにも賢そうなフリをして、失態をさらしているわけですからね。しかも卑怯卑劣なやり方で。失態ついでにこういう発言まで。あーみっともない。


「中国は司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」と反省の弁

船員14人と漁船を中国に戻す際の、「14人と船がお帰りになれば

ガス田付近を航行中の中国の海洋調査船について「周辺にいらっしゃることは確認している

言葉遣いをTPOに応じて使い分けることも知らないんだ。
やっぱり、ごまかそうにもポロっと出てしまうんですね、人間。
いっそのこと正直に、白状しちゃいなさいよ。
お上に敬語を使って何が悪いって。


そういえば何年か前に「転ばぬ先の杖」で記事書いたけど、今となっては、「転んでもなお、杖もたない国家」
ある意味すごいですよ、日本。
玄関ドアに施錠はしていません。金銀財宝を展示していますので、どうぞご遠慮なくってリップサービスできる国ですからね。
希少価値もここまできたら、道化です。笑いものですね。これでは同情もされませんね。

「転ばぬ先の杖」記事からもってきた
小泉純一郎前総理の宮崎での演説の抜粋。
正論です。
小泉純一郎前総理の宮崎での演説から抜粋


総理は誰がなっても非難される。私も「自衛隊に戦力は無いのか?」と訊いただけで「総理がそんな事言うもんじゃない」と言って野党の総攻撃受けた。自衛隊に戦力が無い訳ないでしょ? 皆さんの中に本気で、自衛 隊に戦力が無いと思ってる人いますか? んな事ないよね。自衛隊に戦力は有り、なんです。それを、総理がそんな事言うもんじゃない――なんて。「まともな議論しましょうよ」と言いたい。

非武装国家が在るなんてデタラメですよ。んな国在る訳ない。
そもそも、戦力の無い国がどうして自分たちを護れるんですか? 武力で侵略して来たとして、どうやって家族を財産を護るんですか? アメリカもずっとは護ってはくれませんよ。もし、戦力も武力もない国が侵略されたら、一般市民である皆さん方が自分たちを護らきなきゃならなくなるんですよ。自衛隊に戦力が無かったら戦えないでしょう? 銃の撃ち方も知らないでしょう。体を特別鍛えてる訳でもないでしょう。武器があったとしても、使い方も戦い方も知らないでしょう。そのアマチュアの一般の皆さんが侵略者と戦ってどうなりますか? 戦いのアマ チュアが侵略者と戦えますか? 或いは降参しろ、という事になるんですよ。

「総理大臣は戦力なんて言うな」と言う。今、辞めてるから言うけど、机上の空論ではない、もっとまともな議論をしましょうよと言いたいんです。まともなね。
日本を護るための戦力、自衛力はとても大事なんです。
それから、憲法9条「陸、海、空の戦力はこれを保持しない」とあるんですが、ココを変えなきゃいけない。
敗戦後、この日本に戦力が、自衛力が、軍隊が無かった事は一日たりとも無い!
有った! 存在し続けた。
自分の国は自分で護る!
自分が護らなければ侵略される。それは戦争しないために。抑止力としての、防衛力としての自衛隊、軍隊は要るんです。
机上の空論するな――って事です。これも総理の時、イラクに人道支援した時、自衛隊員を非武装地域に派遣したんです。なるべく危なくない地域にね。しかしその事を非難された。その時、実にいい答弁をしたと思っているんだけど、それも非難された。

「人生色々あります」と言ったんだけど、「何と軽い答弁だ」と非難された。喜んでくれたのは島倉千代子さんだけかもしれないけど。実にいい答弁だよね! 人生色々あんだ もん。人生色々で当たり前です! 現実を直視してほしい。
関連記事
2010.09.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2074-3189b2a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。