上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
某所で作成する自己紹介に「好きなもの」欄があって、迷わず「読書」と記入したら「まあしいちゃんカッコイイ!読書って書くかぁ!」と誹謗中傷ともとれる横槍が(笑)

「あら、わたしたちは書いてもいいのよ。日本人の平均読書数に比べたら結構読書してるほうじゃな~い?あなたも書きなさいよ迷うことないよ~」と返し討ち。
一応毎日何かの本を開いて、3行で寝てしまうこともあるけど、開こうとする意思が働くだけでも「読書」でいいと思うんだよね(笑)

まあ某さん真面目なのでこれぐらいのことでは「読書」には当たらないのかな
堅苦しく考えるよりも、お気楽なプロフィールのほうが、親近感があふれでるのになあ(笑)
読書だけでは欄があまるので、もうひとつ、「三福の木の葉どんぶり」も書きました。

私が知る限りでは、三福のどんぶりの味に適う店に出会ったことがありません。あちこち木の葉どんぶりめぐりをしたこともありますが、ことごとく裏切られています。三福はほんとうに美味しい!です。いつ行っても大繁盛です。まあ食事時しか行かないんですが。
夕凪三先交差点にあるのでお出かけしてみてください、
けっしてけっしてあなたの舌を裏切りませんからね。

ああ、この味を日本全国にお届けしたい・・・・



以前、記事と関係なく?コメント欄で四文字熟語の復習をしたことを覚えているけど、この本の最終章「ストロング・マインド」の中に入っていますね。いつ頃だろうとあとがきの後ページをめくると2005年1月26日説法とあります。このブログを開始したのが2005年10月なので、それよりも早いってことですね。でも拝聴したのはもっとあとですよねぇ・・・総合本部収録なので、時機を見たのかなあ・・いや、最近モウロクしてきたので真実のところは分かりません。事業仕分け、もとい、記事仕分けでずいぶん整理したので、おさらいコメントは跡形もなく消えています。

法門は無量なので、法の色分け、分野分けで、出番を待っていたんですね(笑)マルクスや文鮮明あたりの霊言集だとさらっと流し読みするに限るけど、法は性根入れてじっくり熟読しなければ。簡潔に書いてくれていても内容は深いですから。
それでも、右から左に抜けていくのはどういうわけなんでしょうねえ。
そういえば第一章の七転び八起きで、40歳を境に人生下り坂にはいり
50歳には50歳なりの幸せの捉え方があると書いていたところは、ムッときました(笑)修行が足りません(笑)

ストロング・マインドストロング・マインド
(2010/09/30)
大川 隆法

商品詳細を見る
関連記事
2010.10.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2078-e851f4d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。