上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
皆さま、おはようございます!
香港紙の報道によると、中国は、沖縄・尖閣諸島を含む東シナ海を、台湾やチベットと同じく「国家の核心的利益」(中国にとって最も重要で一切譲歩を許さない重要問題)に位置づけたと報じました。

中国の外交筋によれば、昨年末の時点では、中国は「国家の核心的利益」に台湾やチベット、ウイグルを入れていましたが、今年に入って新たに沖縄・尖閣諸島を含む東シナ海と南シナ海を加えたといいます。

尖閣諸島沖の漁船衝突事件で中国がこれまでにない強硬姿勢を取った背景には、この政策決定があるという専門家の指摘を記事は伝えています。

尖閣諸島は台湾・沖縄侵攻に向けた「地政学的重要性」に加え、
尖閣諸島周辺海域の原油推定埋蔵量は1969・1970年の日本側調査で1,095億バレル(イラクに匹敵)もあり、中国は国家のエネルギー戦略の中核としても一歩も譲歩しない姿勢です。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
そうした危機が迫る中、昨日10月3日の「尖閣を守れ!沖縄&東京デモ」には、全国から多数の有志の方々が結集し、大成功となりました!!皆さまの熱いご支援に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

沖縄では「尖閣諸島を守れ!緊急デモ集会」(主催:尖閣諸島を守ろう実行委員会)が開催され、沖縄県庁前広場に1,500名の有志が結集しました!

沖縄では昨日のデモ行進に向け、前々から街宣活動やビラ配布、看板設置等を続け、それを見聞きして危機感を持って駆けつけてくださった多くの賛同者、保守系団体、韓国人の方々もご参加頂きました。

沖縄では珍しい保守系団体によるデモ行進が那覇市中心街で大々的に行われ、沖縄世論を揺さぶる勢いで力強いデモ行進が行われました!!

東京では「尖閣諸島を守れ!緊急デモ」(主催:幸福実現党)が開催され、全国各地より3,000名の有志が新宿に結集し、(新宿中央公園出発)を開催。

デモ行進中は、横断幕(幅5メートル)のメッセージに共感を示す方も多く、自らビラを取りに来る方や、「幸福実現党の安全保障はしっかりしている。頑張れ!!」といったご支援の声も多数いただきました。

ある中国人留学生からは「日本に来て、本国で教えられている歴史と全く違うことが分かり驚きました。デモの趣旨はよく理解できます」との声もありました。

デモ行進の前後では、新宿駅近辺において、ついき党首、木村智重副党首や全国の党員・有志による街宣活動が行われ、
「中国の覇権主義が日本に迫っているにも関わらず、菅首相、仙石官房長官の判断は国益を無視したものであり、これは、私たち幸福実現党が訴えてきた『国難』そのものである!」と、強い警鐘を鳴らしました。
関連記事
2010.10.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2079-194bf9ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。