上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


百万の敵おそるるに足らず。
恐るるべきは我らの弱き心なり!

(『龍馬伝』高杉晋作の檄)

みんさん、こんにちは。

『週刊現代』によれば、韓国は2000~2007年までの間、違法操業で中国漁船2000隻以上、拿捕・身柄拘束し、中国側は保釈金として直近4年間で18億円も支払っているとのことです。

そうした「毅然たる意志」を持った韓国に比べ、我が国は情け無い限りです。領海侵犯の上、海上保安庁の巡視船に大きな損傷を与えた中国漁船の船長一人訴訟まで持ち込めないでいます。

恐る恐る中国漁船を逮捕した日本は、経済制裁等の脅しをかけられると、菅首相や仙谷官房長官はあわてふためき狼狽し、「超法規的措置」で、漁船の船長を処分保留のまま釈放してしまいました。

領海侵犯のみならず、海上保安庁の巡視船に故意にぶつけてきた証拠ビデオも押さえておりながら、起訴すらできないということは、日本政府は「尖閣諸島領海では日本の国内法は通用しない」「日本の主権が及ばない」ということを認めたに等しいのです。

今回の船長釈放は、日本政府が国家としての「主権」を放棄し、中国に対して「臣下の礼」を取ったに等しい国辱的行為です。

船長釈放後も、中国は日本に対して「謝罪と賠償」を求めて来ました。しかし、本来、「謝罪と賠償」を求めるのは日本の側です。なぜ、菅首相は4日の中国の温家宝首相との会談で「謝罪と賠償」を求めなかったのでしょうか?

中国の脅威に対抗するには、明治時代に西欧列強に対して「毅然たる外交」で、日本を「世界の一等国」に押し上げていった陸奥宗光や小村寿太郎らのような「サムライ精神」の復活が必要です。

中国が一番恐れているものは、日本が「普通の国家」になることです。

日本政府は「自分の国は自分で守る」精神を発揮せよ!

そして、国民や領土を守るために、全力を掲げて主張し、行動せよ!

http://matsushimahironori.blog54.fc2.com/blog-entry-109.html
関連記事
2010.10.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2095-e5e229b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。