上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
桜 咲久也さんのブログから転載させていただきました。

『中国のチェルノブイリ』

 12/27付の産経新聞に、「建設ラッシュの中国原子力発電所」
という特集記事が載っていました。
 
恐ろしいことです。記事中にも引用がありましたが、
今年6月、香港の対岸の広東省深セン市の原発で
事故が起き、香港メディアが「重大事故発生!」と
報道したとき、結局、中国当局が事故(燃料棒のひび割れ)の
存在を認め、事実関係を公表するのに、事故の発生から
3週間もかかったのです。

その間、広東省住民は、事態を知らされないまま、
まったく蚊帳(かや)の外に置かれ、香港住民は、
大変な不安の中に置かれました。

世界を震撼させた
旧ソ連のチェルノブイリ事故

1986年4月、旧ソ連のチェルノブイリで、あの有名な原発事故が
起きました。
ゴルバチョフの回想録によれば、当時すでに、構想としては、
情報公開(グラスノスチ)の考え方はあったようですが、
まだそれは実施させておらず、一体何が起きたのかは、
少なからぬ期間、西側諸国にも秘匿されていました。

ところが、スウェーデン、西ドイツ(当時)などで、
次々と大気中の放射能濃度に異常値が検知されて大問題となり、
遠く離れた日本でも測定されるに到り、
とうとう情報を隠蔽しつづけることができなくなって、
当時のソ連政府も、事故の内容を公表したのです。

その結果、西側諸国に比べて、あまりに杜撰(ずさん)な
安全管理体制が白日の下にさらされ、発電所職員の
"命を犠牲にした"除去作業がなかったら、国境を越えて、
諸外国にも放射能被害が及んでいたことが明らかとなりました。

手抜き工事も?

現在中国は、11基の原子力発電所が稼働中で、24基が建設中
であり、「2020年までに更に100基整備する予定である」
とのことですが、一方で、今回の隠蔽疑惑に加え、
「手抜き工事」の存在も指摘されているなど、現状は
お寒い限りです。

安全管理体制がこれだけ厳しい日本でさえ、現在運転中の
原発は55基。

何かと問題のある管理体制に加え、これだけ情報を
隠蔽する体質がある中国で、日本に倍する100基の原発を
建設するなど、私の目には、"狂気の沙汰"に見えます。

それでなくとも、最近地震の増えている中国で、
日本並みの耐震対策が取られるとは、そうそう信頼を
置くことが出来ません。
「国際基準に名実共に合致する安全対策を採る」ことと、
「速やかな情報公開を公約する」ことは、

原発を推進する(エネルギー供給を増やして経済を成長させる)
上で、不可欠な条件ですが、

中国政府が、そういう"国際常識"を
持ち合わせていないことは、
卑近な例で言えば、「毒入りギョーザ事件」で
明らかですし、

もう少し大きな事例を挙げれば、
「知的所有権(特許、著作権など)における国際ルールの無視」
(海賊版の横行、中国政府による強制開示=国家泥棒)
とか、さらには、「為替レート(人民元)の人為的操作」
を見れば、論を待たないでしょう。

情報公開に追い込まれるのは、時間の問題

これらの経済的問題では、他国はまだ忍耐心を
発揮していますが、

コトが「大量の人命に直結する」(放射能の国境外漏れ)
となれば、黙ってはいません。

チェルノブイリの事故のときは、あまりこういう場では
ストレートな表現が憚(はばか)られるので、抑制を
効かせた書き方をしますけれども、

遺伝子異常により、その後、異常な子供達が大量に生まれたり、
異常な形をした家畜が大量に生まれたりして、
その悲劇は今でも続いています。

そういう被害を他国に及ぼすことは、国際社会では
許されないのです。

ですから、これ以上経済成長を続けたかったら
(つまり原発を建設したかったら)、「国際的ルールの受け入れ」
と、「情報公開の徹底」を世界に公約しなければなりません。

それをしなくても、「何とかなるのではないか」と
思っているところに、「中国の最大の弱点」と
「偉大なる田舎者」が潜んでいるのです。

 世界は、これから、真綿(まわた)で締めるように、
中国政府を徐々に締め上げていくでしょう。

もちろん「ヘラトリ」も、その一翼を担うつもりです。
なぜなら、それこそが、中国の人々の真なる
幸福につながるからです。
関連記事
2010.12.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2296-0a6c8d0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。