上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
(外部サイトへリンク)http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/110108/stt1101080250002-n1.htm

編集部の見方:
当初5月までに決断するはずだった普天間基地移設問題は、結局決着がつかないまま年を越してしまった。

当分解決できない問題に、おもしろい提案が出てきた。

立命館大学教授の加地伸行氏が、辺野古への移設の対案に、「原子力空母を建造して、そこを移設先にすることだ。空母は沖縄南沖の公海上に停泊すればいい。そこは<県外>であり、かつ<国外>ではないか。」と述べている。

同教授は、建設費に仮に1隻につき1兆円かかるとして、3年で3隻建造すると言う。総額は3兆円あまり。

一方、ある航空自衛隊OBによると、ステルス戦闘機を日本独自で開発しようとした場合、約2兆円で済むそうだ。

ちなみに、2011年度の子ども手当にかかる総額は約2兆5千億円。

同じ額の税金を使って日本を「救う」のであれば、票目当てのバラマキよりも、国防に費やしたほうが、はるかに価値も効果もあるはずだ。(吉)

The Liberty Web 転載

   ・・・何よりも、普天間飛行場移設問題を解決できる。日本の原子力空母を遊弋(ゆうよく)させよう、1隻は沖縄の南に、1隻は尖閣諸島付近に、1隻は日本海に。これがわが国の防衛第一線となれば心強い。中国軍のような驕慢(きょうまん)な行動ではなく、わが国は泰然として備えよう。『論語』子路篇に曰(いわ)く、「君子は泰(たい)にして驕(おご)らず。小人は驕りて泰ならず」と。(かじ のぶゆき)


関連記事
2011.01.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2310-dffd1c7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。