上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
シリーズ宇宙人歌手の最終回(早)は趣向を凝らしてルーツに迫るとかけて

アフリカのドゴン族のルーツがUFOで飛来したドゴン星人なら
マオリのディーヴァが歌う、母なる大地のビート!の
ヒネウェヒ・モヒ(愛称ヒーニー)のルーツも
UFOに乗って飛来したマオリ星人でないという保証はない(笑)
そもそも、純粋な地球人のルーツは金星人なのだから、なんら不思議ではない。
そうでなければ、宇宙スペースがもったいない。



彼女の”地球人”としてのプロフィール

ヨーロッパ系の母とマオリの父の間に生まれ、現在、詩人、そしてシンガーとして活躍する。ヒーニーは、父側の文化的ルーツの影響を多大に受けながら育ちました。そのお父さんのサポートもあり、マオリ研究で有名なワイカト大学に入学。そこでヒーニーはヒリニ・メルボルン氏に出会い、彼のニュージーランド先住民、マオリ族とその文化の講義に大感銘を受けました(メルボルン氏はこの度『オセアニア』の制作に参加もしています)。

魂が目覚めてしまったのですね(ほんまかい)





youtubeではこのふたつのみ。
お気に入りを探してもなかったので、自分でアップロード。
動画的要素抜きで音だけということで。


[広告 ] VPS


マオリ族も畳を上げて陰干ししているのでしょうか。

私の声があなたに届く
高い山脈の上をこだましながら
大地の等高線を蛇行しながら
大海を漂いながら

あなたの優しい眼、柔らかな睫毛
触った時の温かな感触に
私はもっと愛を求めてしまう
私の恋人 真実の愛

あなたは生涯の恋人
私の愛 私の心

アボリジニとマオリ族の違い参照

最新「宇宙人探索リーディング」は近々
ぜひとも拝聴させて頂きたいと思っています。
オーパさん参照 やはり火星基地に火星人は存在した!!
昨日おキャンなうちの女性支部長は、
演台でリーディングに登場する宇宙語のマネをその気になってしてくれました(笑)

関連記事
2011.01.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2327-53dce2d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。