上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2011.01.22

与謝野馨・経済財政担当相が21日、年金問題に関連して、定年延長や高齢者の雇用促進を訴え始めた。言っている内容は

・ 「人生90年」を前提とすると、定年延長や年金支給年齢の引き上げも検討すべきだ。

・ 高齢者でも元気な人は多い。規制や慣行の見直しが必要だ。成長型長寿経済をつくっていかねばならない。

これを受けて、菅直人首相は「大変正しい言葉をもらった。積極的に高齢者を経済活動に参加してもらう構想は魅力的だ」と語った。

この内容は、幸福実現党が一昨年の衆院選、昨年の参院選で訴えてきたことだ。「高齢者向けの仕事を増やし、『健康で働き続けられる社会』(75歳定年制社会)を実現します」と公約に掲げている。その他にも民主党政権にはパクリ政策が多い。農業自由化、海底資源開発、南西諸島の自衛隊強化、安全保障での日韓連携強化などあらゆる方面にわたる。

議会政治にはルールがある。「選挙公約は必ず守るべし」「他人の公約を盗むな」「議会における論争によってすべてを決する」といったものだ。1840年代、保護貿易の主張で政権を獲ったイギリス保守党のピール首相がその公約を破って、自由貿易路線に転換しようとした。それに対し、後の首相のディズレーリ(同じ保守党)が論戦を挑み、ピール内閣を倒してしまった。その時に議会政治のルールが「憲政の常道」として確立した。

幸福実現党にとって残念なのは、議会にまだ勢力を築いていないことだ。ただ、「他人の公約を盗むな」ということは、はっきりと言う必要がある。民主党政権は「公約泥棒」だと言い続けなければならない。(織)


【関連記事】年金問題の根本解決 http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=803

政策をパクられるのを覚悟の上で公約を発表している側面もあるので、パクってそれで国家が立ち直れば本望だ。しかしどうせパクるなら、おいしいところだけかじるのではなく、崇高な理念と志まで受け継いでもらいたい。

ちなみにお年玉はがき当選番号、結果不良なんたるちあ記念切手一枚とは。
一等賞を当てたことがある人に会ってみたいぞ。
関連記事
2011.01.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2348-4c1ed179
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。