上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
家庭祭壇(大乗でございます、それも祭壇はお下がりでございます。)
の引き出しの中を整理していたら出てきた、
祈りの言葉 ーイエス・キリスト霊示ー
そうそう、近年のことです、最寄の施設で蔵の中(?)を大掃除。
教義の一本化の末、不要になったものも捨てるに忍びず、
たまたまその場に居合わせた人たちに
数種類のなかから好きなだけもって帰っていいよといわれて選んだのが、
この「祈りの言葉」でした。


朝の祈り、朝食のときの祈り、夕食のときの祈り、就寝の前の祈り
悲しみのときの祈り、苦難のときの祈り、疲れたときの祈り
勇気ある人生のための祈り
成功のための祈り、繁栄のための祈り
健康のための祈り、幸福のための祈り、などが入っています。

全ての祈りに神の大いなる癒しの光、救いの光が満ちています。
なにせ、父と子と精霊 の子、イエスさまですからね。
せっかく、縁あって本日ひも解くことができました「祈りの言葉」ですので
その中から、ひとつだけ、おすそ分けしますね。


悲しみのときの祈り(2)

主よ、嵐のときにも、雨のときにも、風のときにも、
海が荒れたときにも、大地が揺れたときにも、
あなたは私と共にありました。

主よ、あなたは私がどのような悲しみの中にあっても、
私にパンを与えてくださいました。
私は、涙で濡れたそのパンを、幾日食べたことでありましょうか。
そして、涙に濡れたそのパンが、
我が心をどれだけ暖かく、生命のエネルギーで燃やしたでしょうか。

主よ、あなたの与えてくださるパンは生命(いのち)のパンです。
どのように涙でぬれることがあっても、
そのパンの中からは、無限のエネルギーが湧き出てきます。
私は、昨日もそのパンを食しました。
今日もそのパンを食しました。
私はきっと、明日もまた、あなたのそのパンを食することになりましょう。

主よ、これからも、我がために、毎日一切れのパンをお与えください。
その一切れのパンを糧として、私はこの悲しみを乗り越えていきます。

主よ、ご協力に、心から感謝いたします。
関連記事
2011.03.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2456-40abe8ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。