上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
...も、ここにいたっては
疫病神 蓮舫 マスコミ総スカン ですか・・・だいっきらいなのでうれしい。

http://www.yamatopress.com/c/10/13/3600/
あれ・・会員制の新聞・・
でも大丈夫、桜咲久也さんのブログに全容が。
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/d2e19d5fb16aad9a5b031aa766e9c23d?fm=rss

会費未納でも転載よろしいですか?

11-03-15 01:33 配信

「あの人が出てくるとろくなことが起きない。全て裏目に出る」

という声が聞こえてくる。
あの人とは新橋駅前にたくさんののぼりを立てて
公職選挙法違反まがいの選挙運動で一位当選した蓮舫大臣だ。

それもそのはず科学技術予算削減を打ち出したと思ったら、
「はやぶさ」が奇跡の帰還を果たし日本の科学技術力の
高さを証明して日本人を感動させた。

国会では天皇陛下の御休所をバックに自身の雑誌
ポートレート撮影をし、その責任を衆議院の事務方に押し付け、
あわや事務員がクビにされそうになる騒ぎになっても 知らん顔。

そして200年に一度の大地震のために必要なんですか?無駄ですね。と、
「災害対策予備費」
「学校耐震化予算」
「地震再保険特別会計」 を削減したらこの大地震だ。

さらに、この人が節電啓発担当になると東電が迷走。
計画停電もうまくいかず、その間に原発の燃料棒がむき出しになるなど、

「この人が話すと悪いことが起こる」というのが国民の間に広まっている。

本来ならテレビで会見すべき節電啓発担当が全くテレビに出ないのも、
「テレビ局側が放送する価値なしと思っているんでしょう。
国民も実のない蓮舫節にあきあきなんですよ」とマスコミ関係者が話す。

しかしもっとも大きな理由は節電啓発担当として全く仕事をしていない事だ。

蓮舫大臣は石原都知事に節電のお願いに行った。
そこで石原都知事は蓮舫大臣に、

「政令を出すべきですよ、政府の権限なんだから。
(節電に)協力させるために夜10時以後は消灯、ネオンなんかつけるな、とかね。
政府の権限で言い渡せば国民全部が納得するんですから」と持論を展開し、
コンビニの深夜営業や自動販売 機の深夜稼動の休止などを提案、
「とにかく政令出してください。政府の姿勢ですよ」と述べた。

しかし蓮舫大臣はあやふやな応えに終始し、結局、
パチンコ店や ゲームセンターの営業規制もせず、
国内に500万台以上あり、概ね原子力発電所1つ分の
電力を消費している自動販売機のコンセントを抜かせる事もしない。

これでは国民が怒り、テレビに映る価値がないと思われても仕方ない。

石原都知事は、
「政府の責任でできることっていうのは、国民にいい意味で“たが”をかけることですよ。

それでなかったらみんな、勝手それぞれ『俺は俺だ』
ってことで節電だって徹底しませんよ。
国難ですよ、これは本当に」と話した。

蓮舫大臣は国難だと思っていないようだ。

「一番後悔しているのは蓮舫に投票した中年オヤジですよ」

その通りだと思う。




関連記事
2011.03.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2469-c07177b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。