上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
<浜岡原発>中部経済、夏に懸念 関西電力に支援要請 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110506-00000117-mai-bus_all

浜岡原発停止で全国的な電力不安も ドミノ式に需給逼迫 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000518-san-soci

政府内で十分な検討の形跡なし…浜岡原発停止 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110506-OYT1T00866.htm?from=rss&ref=rssad

浜岡原発の「停止要請」は非科学的だ
池田信夫ブログ
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51705451.html

菅首相は突然、記者会見で中部電力の浜岡原発の運転停止を要請した。その理由は
これから30年以内にマグニチュード8程度の想定の東海地震が発生する可能性は87%と極めて切迫しています。こうした浜岡原子力発電所の置かれた特別な状況を考慮するならば、想定される東海地震に十分対応できるよう防潮堤の設置など中長期の対策を確実に実施することが大切です
ということだが、この理由は非科学的である。今までに判明している福島第一原発の事故の経緯は、次のようなものだ:
地震によって原子炉は緊急停止し、核燃料の連鎖反応は止まった
受電鉄塔が倒壊して外部電源が供給できず、ECCSが作動しなかった
予備電源が津波で浸水して給水ポンプが作動しなかった
原子炉(GE製)の電圧が440Vで、電源車と電圧が合わなかった
浜岡が危険だといわれたのは、東海地震の震源の真上にあって、原子炉が地震で破壊される(あるいは制御できなくなって暴走する)のではないかということだったが、これについては東海地震で想定されているよりはるかに大きな今回の地震で、福島第一の原子炉は無事に止まった。浜岡も国の安全審査では、東海地震に耐えられる(これは首相も問題にしていない)。

問題は、予備電源が津波で浸水したことである。これについては、浜岡には12mの砂丘があり、予備電源と給水ポンプを原子炉建屋の2階屋上(海抜15~30m)に移設する工事がすでに行なわれたので、防潮堤は必要ない。かりに予備電源がすべて地震で破壊されたとしても、浜岡の原子炉は東芝/日立製なので、予備の電源車が使える(構内にも電源車がある)。つまり3と4は福島第一に固有の欠陥であり、浜岡には当てはまらないのだ。

福島第一事故は、最悪の条件で何が起こるかについての「実験」だった。何も知らない外国政府が漠然と「原発は危ない」と考えて運転を止めるのはしょうがないが、日本政府は因果関係を詳細に知ることができるのだから、事故の原因は予備電源を浸水しやすいタービン建屋の中に置いたという単純な設計ミスだったことがわかるはずだ。

福島第一の場合も原子炉建屋の屋上に移設しておけば、福島第二と同じように冷温停止になったはずだ(工費は数百万円だろう)。事故原因は特定されているのだから、それを無視してなんとなく「津波対策をするまで危ない」と考えるのは論理的に間違っている。中部電力は法的拘束力のない「要請」を拒否し、保安院の説明を求めるべきだ。



参照 幸福維新の志士となれ
http://blog.goo.ne.jp/hps777/
関連記事
2011.05.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2553-ce0c32b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。