上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
なかなか収束が難しそうな福島原発問題なので
被爆に関しては武田邦彦 原発緊急提言のように
用心に用心を重ねるに越したことはないでしょう。
しかし用心しすぎる弊害という問題もあります。

被爆に対する医学博士の見解は方向性が共通しているようです。
こういう方々の論説は世の流れに逆らっているので
隅に追いやられている気がしないでもありません。
それでも、一側面として知っておく”弊害”のほうが
政府の弊害よりも少ないのではないかと個人的には思っています。
少量の放射線は健康を促進し
低量線率放射線療法で現行の放射線治療に見られる副作用もなく
難病も回復可能とまで言い切っている稲恭宏博士の論説や
昆布などの海藻類の摂取量が足りている日本人と
チェルノブイリ周辺の住民と同じ扱いはしなくて良いという
札幌医科大学・高田純博士の説。
そして今回は島田洋一ブログ参照
山口建・静岡県立がんセンター総長「放射能流出と健康の関係」から。

CTスキャンを1回受けたら収容所送り―亡国の「計画避難」
http://island.iza.ne.jp/blog/entry/2282618/


部分抜粋
菅政権は現在、福島第一原発の事故に関連し、「1年間の積算線量が20㍉シーベルトに達するおそれがある地域」の住人に「計画的避難」と称する強制退去・収容所暮らしを強いている。
 山口氏によれば、これは、「あなたは一回、造影剤を使いCTスキャンを受けたから避難所に入れと言っているようなもの」という。
・・・・
放射線の影響を受けやすい乳幼児には配慮が必要としても、50才過ぎた人まで(一定量以上の被曝がガン発症につながるまで20~30年掛かるという)、宇宙服のような防御服を着せての一時帰宅(これから暑くなってくると熱中症で倒れる人も出よう)しか許さないというのは、前エントリでも触れたが、権力犯罪と言ってよい。
 しかも、宇宙服姿が国際映像で流れることで、「日本は危ない」との風評被害が世界に拡大することになる。

 
詳しくはブログを参照してください。

政府による誤報の弊害にいたっては
まるで国力を削ぐ方向で努力しているのではないかと思わずにはいられません。



日本は、国民の知らないところで、ドンドン解体されている
【平成松下村塾】さんのブログ
http://sunshine7.blog9.fc2.com/blog-entry-360.html

リバティニュースクリップ5/14
日本経済の破壊を狙う枝野発言 東電支援で銀行の債権放棄を促す
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=1960

次世代の重水素エネルギーが一歩前進  日本の核融合研究所
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=1959
関連記事
2011.05.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2573-298cac3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。