上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
海水注入中断、首相指示を否定」する細野補佐官の弁解があり、安倍元総理は例の偽メール事件の二の舞を踏むことになりはしないかと脅したかと思えば、注目の班目氏がそんなこと言った覚えはないと反論して、細野さんは次に、「班目氏自身がそう言ったと記憶しているが、確認する必要がある」と語り、果てに「全ての責任は、関わった人間は全て、政治家は特に取らないといけない」と強調しました。
「みんなで責任を取れば怖くない」ふうな責任逃れをしている気がするのは、うがった見方でしょうか。
安倍さんには総理大臣をもっともっと続けて欲しかった。
惜しかったですよ、ほんとうに。
政権交代させるために、水とばんそこうで、マスコミに潰されたようなもんですからね。
マスコミは国民を扇動したことを、潔く国民に謝るべきです。

新着メールマガジンです。

安倍晋三です

3月12日20時20分の海水注入は菅首相の英断ではなかった。
この点については既に官邸はウソをついていたことを事実上認めています。

しかし19時25分の海水注入中断については、班目原子力安全委員長が再臨界の危険性を指摘し、その意見に従い東電が勝手に中断したと昨日政府は発表しました。
皆さん! 嘘は長持ちしません。

その日の夕刻、班目委員長は報道機関の取材に対して、「専門家としてそんな発言するわけがない」と官邸の発表を全否定しました。
班目委員長は「水を入れる事による再臨界の可能性は無いわけではないが、すでに淡水を入れているなかで淡水を海水に切り替えたからといって再臨界を心配するようなことなどありえない。
原子力のイロハのイだ!」と言い切りました。
官邸はイロハのイも解らずに嘘ついた事になります。
私はその事も怖いとおもいます。

怒鳴りまくり致命的に間違った判断をする総理。
嘘の上塗りに汲々とする官邸。その姿は醜く悲しい。

菅総理、あなたは、3月11日、原子力災害対策特別措置法にのっとり原子力緊急事態宣言の発令をした。
その結果あなたは大きな権限をもった。東電もあなたの指揮に入った。
全ての責任は総理にある。
海水注入を一時間近く止めてしまった責任はだれにあるのか?
菅総理、あなた以外にないじゃありませんか。
真実は明らかです。
それを私達は知っています。



菅首相「尖閣」という言葉、一切使わず、日中首脳会談
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110522/plc11052213290006-n1.htm
関連記事
2011.05.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2591-35568d6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。