上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
混沌を呼ぶ中東の「民主化」
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=2009
2011.05.21 Daily News Clip

オバマ演説、米ユダヤ人社会の反応は?
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=2015
2011.05.22 Daily News Clip

19日の中東政策演説で米オバマ大統領が「1967年以前の境界線を和平交渉の前提とする」と述べたことに対し、米国ユダヤ人社会の反応が分かれている。米紙クリスチャン・サイエンス・モニター電子版20日付記事から紹介する。

・2012年の大統領選で再選を目指すこの時期、中東政策発言にあたってオバマの脳裏には、国内のユダヤ人有権者のことがあった。2008年の大統領選ではユダヤ人の78パーセントがオバマに投票した。ユダヤ人有権者は今も投票と選挙運動の両面で、オバマの政治基盤においてかつてない決定的な位置を占めている。
・オバマ演説に関する米国内ユダヤ人の反応は、はっきりと分かれた。アメリカ・ユダヤ人委員会(AJC)や、米国最大のユダヤ人団体である名誉毀損防止同盟(ADL)は、おおむね肯定的な評価を示した。AJCは「オバマ大統領が二国間交渉による境界確定というゴールを再確認したことを評価する」としている。
・一方、アメリカ・シオニスト組織(ZOA)やサイモン・ウィーゼンタル・センターは、1967年の境界に戻ることを拒絶した20日のイスラエルのネタニヤフ首相の意見に同調。ZOAはオバマ氏を「かつてなくユダヤ人に敵対的な大統領」と呼んだ。オバマ氏が大統領就任以来イスラエルを訪問していない事実も、ユダヤ人社会の反発を呼んでいる。

オバマ演説が相反する反応を引き起こす理由については、本誌7月号(5月30日発売)掲載の国際政治アナリスト伊藤貫氏のインタビューが参考になる。伊藤氏はオバマ氏の本質をこう指摘する。

「結局、オバマというのは理想主義者ではなくて、良く言えばクールなプラグマティスト、悪く言えば冷酷で打算的な政治屋です。(中略)世論の動向を見て、どう立ち回るのが得なのかを計算しているだけです。(中略)その政策が長期的に成功するかどうかなど考えていません。彼にとって大事なのは、来週の世論調査なのです」

政治家に確固とした政策的信念がなければ、いずれ国民に見透かされて支持を失う。旧約聖書の時代に始まったパレスチナ問題は、「来週の世論調査」を気にして対応するにはあまりに永く根深い。この問題でオバマ氏に打算を超えた定見や信念があるかどうか、クールな目で注視する必要がある。(司)



一国を預かるトップともなれば、政治責任は大きく、国の繁栄も衰退も、その手腕に懸かっているといっても過言ではありません。アナリスト伊藤貫氏の「オバマ大統領は、冷酷で打算的な政治屋である」という見解には同意ですが、なんだかんだ言っても日本の首相に比べれば、アメリカという大国のトップとしての自覚と責任を負う立場として、良い悪いは別にしても、気概を示しているのではないでしょうか。対して日本のトップは、延命のための場当たり的パフォーマンスに明け暮れるぐらいでしょう。何を行動しても発言しても国民の信用を失ったトップをもつ国民であることが最大の災害、不幸です。せめて潔い引き際を国民の前に示していただきたいと思います。

政府部内で責任の押し付け合いをしている状態だが、これは大震災以前から変わっておらず、菅首相の責任逃れが目に余る。尖閣諸島での中国漁船衝突事件で中国人船長を釈放したのも沖縄地検の責任。今回の原発事故では東京電力を一方的な加害者に仕立て上げ、すべての損害賠償の責任を負わせている。福島第一原発周辺の放射能汚染に過度に反応し、住民の生活と仕事を崩壊させているのも、万が一何か起きたときに責任を追及されたくない自己保身の一策だ。

そして、本格的な復興対策費を盛り込む2次補正予算案を今国会に出さないまま、6月22日の会期末をもって国会を閉じようとしている。菅首相のすべての行動が責任逃れであり、自分が首相のポストに一日でも長く居座ることだけを考えている。

誰が第一原発への海水注入を中断させたのかどうかが問題なのではなく、菅首相が常に言い逃れ、責任逃れをしていること自体が問題だ。原発事故への対処と震災復興の責任を正面から背負うトップへの交代を求めたい。(織)

菅首相の「責任逃れ」が止まらない 海水注入中断問題
2011.05.22 Daily News Clip一部抜粋



関連記事
2011.05.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2592-fd19f0a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。