上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
24日付産経新聞に、葛西敬之JR東海会長の「原発継続しか活路はない」という論考が載っています。ポイントは以下の通り。

・このままでは原発が1年余りのうちにすべて停止してしまう。
・火力発電や再生可能エネルギーは、質・量・コストいずれの点からも一部補完以上の期待はできない。
・原発は50年にわたる努力と数十兆円に上る設備投資の結晶。簡単に代替できるはずがない。
・原発を止めれば、電力供給の不安定化と電力単価の高騰を招き、企業の業績を悪化させ、経済の停滞、税収の減少、財政の悪化、国債の信用崩壊などの連鎖を招き、日本経済の致命傷となりかねない。
・今回得られた教訓を生かして即応体制を強化しつつ、腹を据えてこれまで通り原子力を利用し続ける以外に日本の活路はない。


参照 2011.05.24 Daily News Clip
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=2024
関連記事
2011.05.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2596-f42ce1c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。