上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
28日付東京新聞の記事をザ・リバティ、デイリーニュースクリップが取り上げています。
東北地方の上空約300キロにある「電離圏」の電子が異常に増えていたことを、北海道大学の日置幸介教授がGPS(衛星利用測位システム)の電波から突き止めたというものです。

2010年のチリ地震、04年のスマトラ沖地震、1994年の北海道東方沖地震の直前にもGPS記録から電子の増加が確認されており、今後、地震の予知に役立つ可能性ありという朗報。

大川総裁著書『震災復興根の道』の第3章 「地球物理学者・竹内均の霊言―日本沈没はありえるか―」から霊言の形で引用しています。

・プレートが沈んでいく段階で、さまざまな岩石等が粉砕されていくとき、微細な地磁気の変化が現れている。この地殻から出る磁気の測定から、本震の1ヵ月くらい前に予想できるようになる
・地震雲が現れて発光するといわれているが、実際、岩石が壊れるときに大地から光が放たれており、それで雲が七色に変化している。3日前くらいから大きな地震の予測が可能なのではないか。
・本震の前に海底の奥深くではすでに異常な高温が発せられていて、それで深海魚が死んで打ち上げられたりする。地震の巣と思われる辺りの海底にボーリングをかけて海底調査をすれば、地震を予測できるようになるだろう。



霊言は未来型ニッポンへの指針そのものですね。

 画像をクリックしてね。



元気出せ! ニッポン 日本を復興させる12人
2011-05-30発行



ニッポンの“常識”を打ち破り、未来を開く新発想が、ここに終結!!
ラジオ番組「元気出せ!ニッポン」が一冊の本に!

案内役 乾龍介

「元気出せ! ニッポン」制作部[編著]
目 次

第一章 日本をあきらめるな
      日下公人 渡部昇一 石平 和田秀樹
第二章 この国を守り抜く覚悟
      平松茂雄 惠隆之介 江夏正敏
第三章 繁栄こそ日本の使命
      増田悦佐 三橋貴明 宮端清次 鈴木真実哉 ついき秀学




マッツ・ページさんのブログ参照
http://mat777.blog.so-net.ne.jp/2011-05-29

昨年のギネス記録は今年またぬりかえられるでしょう、予言しておきます(笑)
http://www.irhpress.co.jp/

そうそう今日は隣の区「大正区民センター」で
惠隆之介氏講演
「日本の安全保障を考える講演会」 
時間:14時~16時
無料

です。
大正区は沖縄出身の方々が大勢住んでいる街なので講演会場に選んだのでしょうか。
天気模様はどうにもこうにも(笑)でも郷里を襲っている台風に比べればね。
自転車が最短コースなんですが、他の交通の便で参ります。
ももさんもいかがかしら・・・?(女子大生より)
関連記事
2011.05.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2602-481d1e47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。