上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
トルコ政府高官 日本の原発への信頼揺るがず 受注交渉再開を期待 

トルコでの原発建設の受注を目指しているものの、東京電力福島第1原発事故の影響で交渉を中断している日本企業に関し、トルコのエネルギー天然資源省高官(原子力担当)は産経新聞の取材に、日本の最新技術への信頼は揺らいでいないと強調、日本側との交渉再開に期待感を表明した。

 一方で別の政府高官は、交渉が一度頓挫した韓国のほかロシア、フランスなどからも交渉の打診があることを明らかにしており、トルコの原発をめぐる国際商戦は激化しつつある。

 トルコは有数の地震国で、1999年8月には北西部で約1万7千人が死亡する大地震が起きている。ただ、エルドアン政権は日本の震災後も原発推進の旗を降ろさず、原発建設の是非が争点の一つとなった今月12日の総選挙で圧勝した。

 同省高官は「福島第1原発は日本で最も旧式の原発。現在と比較はできない」とした上で、「トルコ側の態勢は整った。あとは日本だ」とコメントした。


 東芝と東電を中心とする日本勢が受注を目指しているのは、北部シノップで計画中の140万キロワット級の原発4基。東芝の改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)を提案している。

 トルコ側は当初、韓国勢と交渉を進めていたが、価格面や「韓国の情報開示が不十分だった」(トルコ側交渉担当者)ため打ち切り、今年初め、日本勢との交渉を始めた。しかし東日本大震災の発生後、日本側の要請で中断。同省高官によると、日本側は、東電に代わる電力会社の参画を模索していると説明したが、具体的進展はないままという。(アンカラ 大内清)



菅総理が停止を決めた「浜岡原発」のほうは、最新式で危機管理は、三重四重にも対応済みなんだってね。

浜岡原発の冷却装置を納めている、野川孝一氏(三菱重工特約店・東洋空調設備代表取締役)をゲストとしてお招きして、実際に浜岡原発を視察してきた静岡県幹事長中野雄太氏­と共に、浜岡原発の運転停止の検証、現地の方々の声、経済的打撃について、再生エネルギー法案に喝を入れながらお送りします。静岡茶にも触れます。小島一郎幹事長代理がナ­ビゲートします。
マスコミが伝えない真実、日本のあるべき姿を、幸福実現党がお届けします。
幸福実現TV 第14回「浜岡ショック2~菅エネルギー危機からの脱出~」
関連記事
2011.06.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2653-a7cbc4f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。