上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
”クリス・ファーロウだ”

クリスファーロウ

”クリス・ファーロウ?!!!
もう一人同名の歌手がいる”

”ボクは二人のファーロウ?”

”そうとも、二人だ。
一人はあんたで、もう一人は「ストーミー」の歌手だ”

”それはボクだ”

”違う、あっちは黒人だ”
(・・・・・と言ったのは有名な黒人)

というエピソードがある
ソウルフル。。。というか、マックロけっけ、
クリス・ファーロウと一緒に歌っているモリソンくんを見っけ。
諸行無常なるがゆえに面影は薄い。




アルバム「ヒーリング・ゲーム」から、Sometimes We Cryを、
探すことにしたら、出るわ出るわ。
トム・ジョーンズといっしょのSometimes We Cry



なんだか、シャナ娘といっしょのまである。
父しているところが想像できないけど、確かに、空気として伝わる。
どれも聴かせるなあ・・・・・Van The Man!
アルバムのほうは相変わらず聴かせるサクソフォン。

あれもアップしたいこれもアップしたいけど
こればかりはねえ・・・困ったもんだ。
いっそのことプライベートモードに切り替えようかな・・・・と思うこともある。

関連記事
2011.07.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2662-9c19a6cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。