上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ファミリー割引中(共業)のだんさんの許可も得ておりんす。
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/a08476126d6b7bd88198815bde560ca7
「在日韓国人」だけなぜ安い?孫さん「ソフトバンク」の通話料金はヘンです!



連合国最高司令官マッカーサーの権力に基づいてGHQの参謀部が定めた「チャーター」に過ぎない東京裁判、より分かりやすい渡部さん流儀で、「マッカーサーが命じた”復讐裁判”であり”リンチ”であった」東京裁判が、当時の国際法に基づいていないことは、のちにマッカーサー自身によって明らかにされているが、立ち位置を失うことを恐れ、故意に国際法の呪縛から抜けだそうとしないのが、左翼要人たち。

昭和21年にGHQから出された公職追放令によって20万人の優秀な日本人が公職から追放されて、空いたポストを”棚ボタ”のように手にいれた人々、つまり”戦後文化人”(プロ・コミュニズム=共産主義びいき)と呼ばれる人々。 戦後日本を汚染してきた人々。

の一人、東大法学部教授であった横田喜三郎”を抜粋してみる。

横田喜三郎は、自著である「天皇制」という本のなかで、「天皇制は封建的な遺政で、民主化が始まった日本とは相容れない。いずれ廃止すべきである」と主張した。ところが東大退官後に第三代最高裁判所長官に就任したために、晩年、勲一等旭日大綬章、および勲一等旭日桐花大綬章、さらに文化功労賞を受賞するに至る。
勲章は天皇陛下からいただくわけで、「天皇制を廃止すべきである」と書いた旧著「天皇制」はどうも具合が悪い、そこで弟子たちを動員して東京中の古本屋を回らせ著書を買い集め、世に流通しないようにした。


という話しを聞いた渡部さんは旧知の古本屋に頼んで「天皇制」を一冊確保している。
渡部さんの蔵庫は、知識と智慧の宝庫なのでしょう。

それにしても魂にとってなんの肥やしにもならないこの世的な地位名誉のために、自らの信念と思しきものさえ葬り去るとは、さすが公職追放令で息を吹き返した”お尋ね者”だけのことはあります。

左翼がよく使う言い回し、”世界市民”に潜む、まやかしを見抜き、いい加減砂上の楼閣のごとき、はかなくも哀れな売国ニッポンを返上し、愛と希望と勇気と繁栄の国、ニッポンを取り戻そうではありませんか。

民主党よ、日本を潰す気か!民主党よ、日本を潰す気か!
(2011/05/18)
渡部昇一

商品詳細を見る


増税以外考える事が出来ない馬鹿政権-基本的に菅直人は悪魔と思って特に差し障りはありません。 mat's page (マッツ・ページ)さん
法律の奥のさらに奥にある神の正義 ハッピーナッツさん

関連記事
2011.07.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2716-fac87f16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。