上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
リバティニュースクリップ 7/30
http://www.the-liberty.com/
今朝の産経にリバティ9月号の広告が載っていました(^^)

2009年度に病気を理由に退職した、幼稚園から大学・短大までの国公私立学校の教員は1893人いた。そのうちの約半分にあたる940人がうつ病などの精神疾患で辞めており、小学校では97%、中学校では92%が公立校の教員だったことが、文部科学省の調査で分かった。

もちろん、公立と私立の教員数を考慮すれば対等な比較ではないかもしれない。だが、公立の小中学校でこれだけ多くの教員が、心に傷を抱えて辞めていく現状は見過ごせない。

29日付毎日新聞は、退職教員について次のような事例を挙げている。1:関東地方の公立小の男性教頭は、校長への昇進試験に落ち、うつ病になった。「協力してくれた校長に申し訳ない」と自分を責め、しばらくして退職した。2:40歳代の公立小男性教諭は、言うことを聞かない児童を強くしかったことで保護者から「教員失格」と非難され、うつ状態になって退職した。

いずれのケースも本人は真剣に思い悩んだだろう。だが、昇進試験に落ちるとか、顧客のクレームに追われるようなことは、民間企業では日常茶飯事。今回の調査結果を受けて、「モンスターペアレントから教師を守れ」などと、顧客の立場である保護者や生徒に責任を転嫁しては本末転倒である。

本誌6月号の「『日本の教育』経営再建プラン」(※)では、学力の低下が進み、いじめの隠蔽が日常化する多くの公立学校は「倒産状態」にあり、「経営再建」が必要だと論じた。その具体策は、学校選択の自由を認め、集まった生徒数に応じて予算配分するなどの実質的な「公立学校の民営化」だ。教員免許を持たない塾講師や社会経験のある人が教壇に立てるような規制緩和や、民間のマネジメント手法を取り入れた仕事効率のアップなども必要である。

そして何よりも大事なのは、教員一人ひとりが、日教組に代表されるような悪平等・無責任の社会主義的体質から抜け出し、他者との切磋琢磨の中で自己責任と自由な努力による向上・発展を目指すという教育本来のあり方を、自らにも当てはめ、児童生徒に対しても実践することである。(格)

【関連記事】
2011年6月号 日本の教育経営再建プラン(前編)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=1866
2011年6月号 日本の教育経営再建プラン(後編)
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=1917



日教組を打ち砕くためにも、教科書採択の問題はとても大きい。


イイシラセ

藤沢市教育委員会において、ついに育鵬社教科書採択成功しました!

そもそもの始まりは、「破邪顕正」大スプレッド28万世帯中の10万世帯を幕張メッセ前に達成!
確実に磁場が変わった感じがしました。
また、毎週欠かさず、辻説法とビラ配布も重ね、駅前のあちこちで一般の方々との対話が増えていました。
さらに、教科書採択のための展示会には、支部に訪れた信者を次々アブダクションし、現場に連れて行った光景が毎日のように続いていました!

これらの努力が実ったのか…?

採択の前日、
〈藤沢の教育を考える会〉という所からお二人のご年配の紳士が「破邪顕正」と湘南フェスタのチラシを握りしめ来訪。

  「藤沢駅でチラシをもらいました。読んで見ると、私たちの考えと一緒で、嬉しくなりました」
  「今日の明日で突然なんですが、明日、藤沢市の教科書採択の日なんです」
  「左翼系がいつも群をなしてくるので、圧倒されています。」
  「どうか、力を貸して頂きたい。何人か傍聴人として来て頂けないか」

伝道部長は「正に願ったり!!」と早速、募り、当日現地集合。

抽選で会場に入れた方は、緊迫するなかで左翼の罵詈雑言に対し、祈るように支援し…

抽選で外れた方も遠隔で念を飛ばし!

支部や各家庭では、「悪霊撃退祈願」や
「左翼貧乏神を追い出すための祈り」祈願をし…

正義の念いを結集しました!


~幸福実現党大阪府本部よりのイイシラセ~

東大阪市で『育鵬社』の教科書が採択されたそうです!!
大阪でこのような、左翼思想・自虐史観ではない教科書が採択されたのは初めて!

幸福の科学学園でも使用している『育鵬社』の教科書で勉強することになる、東大阪市の子どもたちにとって、ほんとうに素晴らしいことです!大阪の未来にも大変明るいニュースですねヽ(^o^)丿

『育鵬社』の方から、党にご連絡をくださり、今回の、教科書採択に関する啓もう活動の尽力への感謝を述べてくださったそうです。
大きなチャンスのある、大阪市の採択はこれからだそうです。
大阪市の子どもたちの未来のために、よき教科書が採択されますよう、お祈りいたしましょう!
みなさまのご尽力に、心より感謝申し上げます!

北大阪支部 深田としこ

関連記事
2011.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2718-ec884636
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。