上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
唯物論の方々は人は死んだら一環の終わりと思っているのでしょう。
本当は死んでも命は永遠に続いていて、
死んでから逝くところが本当の世界です。
そして世の中には大いなる使命を持って下生する魂がいるんですね。
人によってさまざまな使命はありますが、
大いなる使命を持った魂は、特殊な能力を持ち合わせています。
観自在と申しましょうか、神通力と申しましょうか
そういう特殊能力を持つ存在なら
朝日ジャーナリズムの「守護神」に迫ることなど朝飯前でしょう。
「人さらいテロ国家」の出先機関が現在もなお健在で
 わが国の首相がその出先機関の側につき、
その機関に我々日本国民の血税を献金する」
そういう大問題が国会でも取り上げられ、
国民の大半が菅直人の退陣を望んでいながらも
なぜ、ずるずると首相の座にのさばり続けれられるのか
常識ある人々にとってはこの世の七不思議ではなかろうかと思うんです。

しかしこれにはちゃんとした訳ありなんですね。
特殊能力を持つ存在にかかれば、哀れなるかな、
化けの皮を剥がされてしまいます。
http://www.the-liberty.com/article.php?pageId=1&item_id=2543


残念ながら続きは有料購読者のみ閲覧可能ですが
見出しアップぐらいならかまわないでしょうか。


・朝日系は唯物論だから入りやすい
・神の声の正体はベルゼベフ
・朝日の方針として菅追求の手を緩めている
・採算無視で、正論で責める幸福の科学は怖い
・丸山眞男の批判は罰当たり
・朝日や岩波の守護霊は私(宮沢俊義)
・中国・北朝鮮は日本を一回侵略する権利がある
・安保で失敗した革命に、何十年かかって民主党が成功した

この世を去った、あるいは現役の 登場人物 
・べ○○○フ
・週刊朝日でき○○○氏の記事を書いた藤田和也記者の守護霊
・宮沢俊義

いずれは書籍化される、かもしれません・・・・。


関連記事
2011.08.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2726-85597575
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。