上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=2570
リバティニュースクリップ 8/7

佐賀県の古川康知事が九州電力の「やらせメール」を誘発したとされる問題で、九電幹部に対する古川知事の発言のメモが報道されている。いずれも「古川知事が原発再稼動を主導した」などと批判的に報じているが、以下の古川知事の発言自体は極めて真っ当な内容だ。

「首相の言動で、考えている(原発再稼動の)スケジュールが遅れることを心配している」
「運転再開に向けた動きを一つひとつやっていくことが肝要」
「危惧される国側のリスクは菅総理の言動」
「経済界からも賛成意見を出してほしい」

菅直人首相は、定期点検に入った原発の再稼動を認めないことで、来春には全国の全原発をストップしようとしている。これに対し知事はその地域の産業全体に責任を負っており、電力不足を阻止しようとするのは至極当然の行動だ。福島第一原発は地震そのものでは重大な損傷を受けておらず、津波による電源喪失が事故の原因となった。その教訓を踏まえ、玄海原発は安全対策を強化している。

今や、日本の産業界と、原発を止めて日本の産業を壊滅させたい左翼勢力との対決となっている。「菅総理の言動のリスク」を一日も早く取り除き、「運転再開に向けた動きを一つひとつやっていくことが肝要」だ。

関連記事
2011.08.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2735-2daac857
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。