上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC02802.jpg

マゴが通っている保育園の上に併設されている高齢者のための総合福祉施設。
一年に何回か園時との交流会もあります。
2011年秋号をもらい、いつもなら、ろくろく読みもせずにゴミ箱に捨てるところ(><)
以下の記事が目に付いて読んでみました。

心に残る話

「もう一人の母」

予想外の出来事でした。母が82歳のときにアルツハイマー型の認知症と診断されました。年齢も高齢だし、70歳のときに大腸がんを患い手術は成功で克服しましたが体重は以前の半分ぐらいに減りやはり精神的には打撃が大きく残った感じで、生活に意欲がなくなり生きることに不安でいっぱいだったのでしょうか。ありえないことではありませんでしたが、現実このときが来て介護の二文字が大きく頭の中で鳴り響き不安な気持ちが大きく膨らみ混乱しました。
 はじめは有料老人ホームも調べ、介護に必要な手配を大至急にと気が焦る日々でその場に足踏みしている日常でした。そんなときに在宅サービスステーションさくらの方々にお会いでき、介護の協力を仰ぐことになりました。
 まだ症状は軽く家族のことも理解できていたし、日常生活を過ごすことはできるかと思い一緒に過ごし、病とも共に向き合って新しい人生を「もう一人の母」と楽しく歩んでいけたらと思いました。決心できたのも介護をするのは一人ではなく、さくらの方々の専門の的確な判断と温かい強力と言葉を感じたからです。
 この先どのようになるかは未知なことですがお教えと相談に強力な力をお貸しください。

不覚にも胸が・・・・。
お向かいさん
関連記事
2011.08.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2770-bce1639e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。