上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
新作レンタルで出てたので鑑賞。

ヤフー映画によれば
実際の医療現場でも起きることのあるアネセシア・アウェアネス(術中覚醒)をモチーフに、
全身麻酔の手術中に意識を取り戻してしまった青年の恐怖を描くサスペンス・スリラー

と書いているんですが、手術中に意識を取り戻してしまったというより、
麻酔をされたときからいっときも意識を失ったことはないというお話です。

でそれは結局のところ幽体離脱をしていたというわけですが
全てをこの目で見この耳で聞いてしまい、そこで繰広げられたことは?


脳死の患者にもいえることで、意識があるのに臓器を摘出されれば
この映画のシーンと同じことが繰広げられるということ。
無意識なら痛まないものを、覚醒していて心臓取られたりしたらほんと、驚愕ですよね。

で、面白いのは裏切られて失意の底にあるうちは息を吹き返さず、
生きる気力が芽生えた瞬間に・・・・・・という・・・霊意識同志の対話までちゃんとあるんですね。
映画では正直が面白いですね。
関連記事
2011.09.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2815-9f0617b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。