上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


だーいぶ前になったけど、電話待ちの間に?!
ストックしているDVDから2本観たという映画のもうひとつが
「スモーク・シグナルズ」であったといまごろ出し惜しみしている。


えー、スモークというのは、火事の煙のこと。
インディアン居住区の、とある火事から始まり、とある火事で終わる。
スモークがサインであり、シグナルであるという分かりやすい題名ですね。


12歳で捨てられたインデアンの息子と母の気持ちと
家族を捨てた父親の思いが胸を打ちます。

父親が行方をくらましたのちに、息子を思いながら語ったというセリフがある。

「あの日あの一日だけ、インデアンがキリスト教徒と戦って勝利したんだ!」




なぜインデアンが先住民保留区に住まねばならないのか
わたしには良く理解できないんですが・・1998年ぐらいの作品かな?
インデアンといえば、最近見た映画「フローズン・リバー」もよかったな。



リバティウェブデイリーニュースクリップは
移設反対のテント村、地元住民から立ち退き要求 沖縄・辺野古
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3289
「維新の会」VS「反・維新の会」となった大阪市長選
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3284
グーグルマップで中国ゴビ砂漠に巨大な施設が移った!中国版エリア51か?
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3278
とか、いろいろありすぎて大変だ(笑)
↓これなんかも、大変ですね。

「独首相が政治統合宣言」メルケル首相
欧州連合(EU)事実上の「政治統合」の考えを示す。
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3288

ギリシャ危機によって証明されたのは、
金融政策であれ、財政政策であれ、
そもそも統合は無理だったということ。
政治同盟を強めることで、危機を乗り切ろうとしているが
いうなれば、崖に向かっている車が、
さらにアクセルを踏んでしまうようなもの
結果、ユーロ崩壊はさらに悲惨なものになる可能性が高い。

脱原発をいち早く宣言して、
国力を削ぐ方向に舵を切ったメルケル首相が
やっぱり言ってしまった
これは見事な逆判断となるだろう

国の発展も衰退も、トップ次第。
首相の判断で、国民を幸福にも不幸にもする
国内だけならまだしも、EUもろともに責任を取るおつもりなのだろうか。


関連記事
2011.11.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2847-8edd7366
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。