上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「きりしま」の放った迎撃ミサイルは、6発の
大陸間弾道弾にすべて命中。
弾道弾を、宇宙空間で迎撃してしまった・・・・

え・・・・・・・・・

世界初の快挙で、日本の海上自衛隊は、試験開始前から、
「100発100中ですよ」とケロリとしていたとか
米国のミサイル防衛庁(MDA)が、びっくり仰天、大喜びしているとか
高速で飛来するミサイルを、宇宙空間で撃ち落とすというのは、
飛んでくるピストルの弾を、ピストルの1発の射撃で撃ち落とすよりも
尚、むつかしいのに、命中させたとか。

ということは、王将(中国)が王将でなくなる可能性もありえるということ?

こんなめでたいニュースをこの国はなぜ流さないのでしょうか
どこかの国にご遠慮申し上げているのでしょうか。
それとも、悟られずに、こっそり技術力を高めておいて、
ここぞという場面で
「ええい、控えろ控えろぅぅぅ、この紋所が目に入らぬか~~!」
とやろうという魂胆なのでしょうか。

海外で大々的に報道されたのでは、意味ないのでは。

イージス艦「きりしま」の快挙
さくらさくやさま、いつもいつもありがとうございます。
ねずきちのひとりごとブログ より
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1356.html

ビッグニュースの詳細は上記アドレスにお出かけください。



ミサイルUターンなら尚よろしいですね。
打てば自らにひびくとなると、まず打てないですからね。
イケイケドンドンをやめて自粛せざるを得ません。


人権もクソッたれもない彼の国の悪行が全て明るみに
植民地の人々をモルモットに核実験なんぞするなーーーー!!
これ絶対お薦めします。

核と刀―核の昭和史と平成の闘い核と刀―核の昭和史と平成の闘い
(2010/05)
高田 純

商品詳細を見る


関連記事
2011.10.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2850-059c0eb4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。