上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
橋下氏の週刊誌ネタというのがあることはご存知ですか
それをもってころっと反維新側に立った人もいれば
平松氏は堅実に仕事をしていることが、
(市政だより)を読めば分かるという人もいる。

でもわたしにしてみれば、発信元(市政)よりも
なぜこの時期に週刊誌ネタになったかのほうが意味深です。
だいたい週刊誌には不信感が強いし
たとえ本当のことであったとしても、悪意を感じる。
それに、週刊誌で洗脳される愚かな国民を薄ら笑う存在もいるかもしれない。

というわけで、条件反射的に、橋下氏の応援に回りたくなってきたのをかんがみるに
いごっそう根性はやはり備わっているかもしれないと自己分析する。
問題は国防問題です。
維新の会に質問する機会があれば、訊いてみたい。

「あんた何様?日記」さんがこんなふうに記している。
参考のため。

出自に関してどうのこうのと書いているが、
(私にしてみりゃ、こんな家庭でも荒まずに育って勉学に励んで、
 弁護士になって知事になったというだけで凄いと思うが。)
この手の人権侵害が行われれば、
日頃は、 人権! 人権! と五月蝿く言っている、
平等や人権を訴える団体や運動家や部落解放同盟や日弁連が、
雑誌社などに猛烈に抗議するものだが、
橋下氏に対しては、そのような抗議が行われない。
橋下氏の思想が保守派だというだけで守ってやらないのなら、
まさに不平等極まりなく、
あいつ等の言う平等や人権擁護や部落解放なんて、
自分達の運動に都合のよい人物を擁護して飯のタネにしているだけで
本気で問題を無くそうと取り組んでないという証だ。


それと予断ですが、ス○ムコメントがよく入るんですが、
そのスレッドはなぜか中国関連記事がほとんどです。
因果関係でもあるのかな~と疑われても仕方がないので
故意に散らした方がいいですよ。
関連記事
2011.11.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2874-5757113a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。