上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

今、当会は「宇宙人もの」の経典も数多く出していますが、こうしたものは、はっきり言って、一般的には際物に近く、昔から「宇宙人ものなどを出すと、普通の人たちには信じてもらえない」と言われているのです。

しかし、今後、二千年、三千年に渡って法を遺していくことを考えると、宇宙人に関する教えが、後々役に立つことは分かっています。それを遺せる人がほかにいないため、私が、今、出しているのです。

現実的な教えをきちんと説ける人が、そういうものについても発言しているわけです。そうした信用の裏付けがあって、未知なる領域についても語っているのです。「霊界を語り、さらに霊界を超えて、今度は宇宙をも語っている」ということなのです。

これがやがて必要になってきます。私は「これは、未来の人たちにとっての指針を遺すために必要な仕事だ」と思って行っているわけです。


統計学上なら語れますが、普通は未知の領域は一年先のことでも語れません。
それをやがてくる未来のために行っているんですね。
しかしやがて信じざるを得なくなってくると思います。
それも来世か、来来世かはわかりませんが
早くから知っておいた方がお徳だと思いますけどね。
地位も名誉も財産ももって還れないけど、徳はもって還れます。

それで追伸なんですが今年のメイン経典「不滅の法」からも
宇宙人に関する同じような箇所を抜粋しておきます。ついでなので。

 私は「宇宙の法」を2010年から説き始め、今後も説いていきますが、それによって、宇宙の人たちと対話や文化交流ができる基礎を作ろうとしているのです。
 これについても、現代人は、そう簡単に受け入れることはできないと思います。しかし、現在、すでに数多くの宇宙人が地球に来ています。また過去の文明において地球に入り込み、もはや地球人として住んでいる宇宙人も大勢いるのです。
 その実態を私は2010年から明らかにしています。これを、今後、もっともっと分かりやすいかたちで、人々の前に明らかにしていこうと考えています。
 あの世の証明だけでも、これほど大変なのに、さらに、「宇宙の人々、スペース・ブラザーズとの交流が、やがて始まる。そういう時代が近づいている」ということまで言及して、私は警鐘を鳴らしているのです。
 これを伝えるのは、大変勇気の要ることだと思います。しかし、乗り越えなくてはなりません。
 「未来への遺産のため、将来の人類が生き延び、生き残るためにこれを伝えていかなくてはならない」と、私は強く強く願っているのです。

関連記事
2012.01.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/2944-3a76a41d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。