上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑



下のスレッドの
【関連記事】
「放射線は 体にいい」は本当か?─マスコミが取り上げない「ホルミシス効果」Part1 から

有料記事なのでいかがなものか、と言っている場合ですか。
「一定量の放射線を浴びた人はガンになりにくい可能性がある」

海岸などで太陽光を一度に浴びすぎると
皮膚が赤くなったり火ぶくれができたりするが、
ある程度浴びることは体にいい。

それと同じ。

低線量の放射線が健康を増進させ、寿命を延ばす効果がある、
(ホルミシス効果)
放射線は生命にとって不可欠である。
(図を見てのとおり、放射線が少なすぎれば、不健康増進さ)

人間にとって最適な放射線量は年間約100ミリシーベルトで、
自然に浴びる放射線の約30倍にあたり、
この線量でガンによる死亡率が最低になります(図参照)。


これを裏付けるエビデンス(学問的証左)として、1982年から84年にかけて台北のあるマンションで放射性コバルトに汚染された梁が用いられ、続く20年間で約1万人が居住しました。平均被曝量は年間50ミリシーベルトでしたが、このマンションではガンによる死亡率が1年間で10万人あたり3.5人と、通常より著しく低い数字だったのです。さらなる研究は必要ですが、継続的に低線量の放射線を浴びるとガン死亡率が低下することが考えられます。

放射線の専門家たちは口をそろえて断言する。
「自分だったら計画的避難区域に平気で住めます」と。

ラッキー博士の定説ですね。
病気持ちの人は福島にお引越ししたいでしょう?
わたしもできればそうしたい。
ま、ま、今のところは老化だけですが。



1919 年生まれ。ミズーリ大学名誉教授。NASA のアポロ計画に協力し、地上の数百倍の宇宙放射環境における安全性を追求する中で、適度の放射線被曝は人体にプラスの効果があることを発見し、「放射線ホルミシス効果」と名づけて1982 年、世界に発表した。7月下旬に『放射能を怖がるな!――ラッキー博士の日本への贈り物』(茂木弘道訳、日新報道)が発刊された。


「日本政府は放射線に関する思い込みで国費を無駄にしないでください」
関連記事
2012.03.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/3004-e3811bb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。