上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


朝日新聞
http://www.asahi.com/international/intro_m2/TKY201206080536.html

中国新疆ウイグル自治区で、イスラム教の聖典コーランを学ぶウイグル族の子供の不審死や、多数の子供がやけどを負う事件が相次いだ。違法な宗教施設から子供を解放したとする当局と、「当局の迫害だ」と主張するウイグル族側との間には隔たりがある。

 新疆中部コルラでウイグル族の少年(11)が不審死したのは、先月20日。警察当局は、中国共産党が違法とする宗教施設でコーランを学んでいた少年が、物覚えが悪いと仲間から殴られ、3日後に病院へ搬送中に死亡したと説明する。

 これに対し、米政府系のラジオ・フリー・アジアは、少年の家族をよく知る者の話として、少年が教師の自宅でイスラム教の教えを学んでいるところに当局が踏み込んで拘束したと報じた。母親は警察から、少年が勾留中に頭を壁に打ち付けて自殺したと説明を受けたが、遺体には棒で殴られ、首を絞められたような跡があったという。



ウソツキは泥棒の始まりとは良く言ったもんだ
関連記事
2012.06.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/3048-681b4dbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。