上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日の記事の続きで、息子
その後、40度の高熱。
頭痛高熱の薬を飲んだら38度まで下がる。
今朝も40度です。もうろうとしていてかわいそう
今日は土曜日だし無理して今頃点滴中だろうな。
(病院に電話してから行ったの)
親父さん今日はお留守で、あにさんをたたき起こして運転手要請。




http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=4735

どれだけのペースで収録されているのかっていうと、とにかくすごすぎる。
これだけで終わっていませんからね。
それほどこの国が危機にさらされているってことですね。


まあ、とにかく、ザ・リバティweb のhomeにざっと目を通しただけで、
どんなけ内容が濃いんだという話。

http://www.the-liberty.com/

大江健三郎が泣きそうな顔をしています。
”心・身”ともに。
ノーベル文学賞もらって、次は脱原発を訴えてノーベル平和賞でも欲しいんだろう
欲どしいいおっさんだよ。
まったく無知な子供か、ただの老人ボケか、そのあたりじゃねえか?
(石原慎太郎の守護霊)抜粋なし、ゆえに解釈mercyによる。

次々出てくる霊言をみんな読むのも至難の業で
身勝手に選んでチビチビ読んでいるところですが
いまは例の中国秘密軍事基地の遠隔透視中で
冒頭に、こんなことが述べられているので抜粋します。

日本において「平和運動」として原発の廃止を唱えることは、結局、原子力兵器の廃止を求める方向と同じになると思います。その運動のリーダー的存在である作家の大江健三郎氏は、ノーベル文学賞を受賞していますが、「もし、彼の書いた”北朝鮮礼賛”の文章が英訳されていたら、ノーベル賞はもらえなかっただろう」と言われています。「運の良いことに、北朝鮮を応援する文章がたまたま英訳されなかったために、ノーベル賞の選考委員会も、その事実を知らなかった」とも言われているのです。

国の安全と平和を守る運動(国防強化)をすればこそ
国民の平和が保証されるのであって
大江健三郎氏をはじめとするお方々が唱える、核施設廃止
日本の防衛能力を高めるオスプレイ反対
やられてからでないと手出しできない「憲法9条」を信奉する「平和」は砂上の楼閣
それがわからないようだから、石原都知事に、無知な子供あるいは
ただの老人ボケ扱いされるわけですね、かわいそうですが。

石原慎太郎都知事が野田政権の竹島・尖閣弱腰外交を糺す
関連記事
2012.09.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/3117-48695f20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。