上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
・ そこでは、すべてが際立って(distinct)いながら、一つひとつが他のすべての存在の一部でもあった。まるで高級ペルシャ絨毯の互いに絡み合った模様のように。

・ 私(男性)の旅の途中ほぼずっと、金髪で深いブルーの眼をした美しい女性がそばにいた。今も彼女の顔を細部まで完璧に思い出せる。その眼差しで5秒見つめられただけで「今日まで生きてきた甲斐があった」と思えるだろう。

・ 彼女は言葉を用いず私に話しかけた。それをこの世の言葉に翻訳するとしたら、「あなたは愛され大切にされている。深く永遠に(You are loved and cherished, dearly, forever.)」「何も恐れることはない」「あなたがすることに何一つ間違いはない」。

・ 最も重要なのは、心の中に終始、「私たちは、一人の神(a God)によって無条件に愛され受け入れられている」というメッセージが響いていたことだ。その神は、子供のころ日曜学校で教わった神よりさらに偉大で無限の栄光に満ちている。

・現代では、信仰でなく科学が真理への道だと思われているが、そんな見方は単純すぎると分かった。身体と脳が人間の意識を生み出すという唯物論的観念は破綻している。新しい見方によって、宇宙は進化するものであり、多次元的で、どんな親より子供思いの神(a God)によって原子一つに到るまで知り尽くされていることが分かるだろう。この真実を垣間見たことで、私は別の人間になった。


彼の体験は『Proof of Heaven』(天国の証明)の書名で出版される
霊的側面を研究する医学の専門家は、
生命の永遠を唱えたキューブラー=ロス、
臨死体験の研究者パーニア
転生輪廻を主張するワイスなど少なくない。

ハッピーサイエンスでは、
国防の危機を警鐘しつつ常識を破壊する映画「神秘の法」を公開中

関連記事
2012.10.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/3153-59c4f516
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。