上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
50年前に「空飛ぶ円盤」を開発 米国が機密解除し公表

UFO鎖国日本 いい加減目覚めよ
政治家たちよ 目を覚ませ
中国は宇宙さえ制覇しようとしているというのに。

米国の国立公文書記録管理局は最近、垂直離着陸(VTOL)し、成層圏をマッハ4で飛行する「空飛ぶ円盤」を目指した1950年代の米空軍計画「Project 1794」の機密を解除した。


その内容は、垂直離着陸し、最高高度10万フィート(約30km)、最高速度がマッハ3から4、最大航続距離は1千海里(1,852km)の「空飛ぶ円盤」計画。現在の価値にして約2,660万ドルのコストでカナダの航空機メーカー、アブロ社が受注し、プロトタイプの設計までを行っていた。


その動作原理には、現在旅客機なども利用しているコアンダ効果を用いている。コアンダ効果とは、流体が壁面に沿って流れる現象のこと。タービンから噴き出した噴流を円盤中央に向け、そこで噴流の方向をコントロールし、浮力や推進力を生み出していた。


同じプログラムで、別の空飛ぶ円盤の試作機「アブロカー」が2機作られていた。アブロカーは実際には1m程度しか浮上せず、アブロ社の解散と共に米軍に引き取られた。


同じコアンダ効果を用いた空飛ぶ円盤としては、米空軍が1992年から98年にかけ、人間が搭乗しない直径1.8メートルの空飛ぶ円盤を実験している。


ということは、もし「空飛ぶ円盤」を見かけたら、それはどこかの国が開発したものという可能性もある。


米政府は、1947年に墜落したUFOを回収したというロズウェル事件を誤魔化すため、「墜落したのは観測気球」と発表した。また、米軍は1940年代、エイに似た形のプロペラ駆動の戦闘機「フライング・フラップジャック」を開発したが、それをエリア51で実験し、周辺でのUFO目撃情報はその誤認であるとしてきた。


必死でUFO研究を否定してきた米国のことなので、今回の、頓挫した「空飛ぶ円盤」計画の機密解除も、実際はかなり進んでいるUFO研究を隠すための「目くらまし」かもしれない。(居)


【関連記事】
2012年10月号記事 宇宙人が常識になる日 - 近未来映画「神秘の法」が扉を開く
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=4766

2012年7月13日付本欄 英公文書館がまたまたUFO情報を公開 日本は未だ情報鎖国
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=4569

2011年11月27日付本欄 NASAが月面着陸地点立ち入り禁止案 宇宙人の存在を隠したい?
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3352


ザリバティ 2012.10.23
関連記事
2012.10.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/3159-549aae7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。