上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

[広告 ] VPS


Irish Heartbeat(with The Chieftains)

Raglan Road

On Raglan Road on an Autumn Day,
秋のある日、ラグランの道で
I saw her first and knew
俺は始めて彼女に出会い、そして知った
That her dark hair would weave a snare
彼女を染め上げる深い髪色が 罠のように俺を惑わし
That I may one day rue.
いつの日か悔やむに違いないこと
I saw the danger, yet I walked
俺は危険が見えてたんだ、それでも前に進んだ
Along the enchanted way
まるで魔法にかかったように
And I said let grief be a falling leaf
俺は言ったんだ、さぁ悲しみよ、木の葉のように舞い落ちるがいい
At the dawning of the day.
そしてその日が始まりだった

On Grafton Street in November,
11月のある日の グラフトン・ストリート
We tripped lightly along the ledge
俺たちは岩棚がひろがる場所を訪れた
Of a deep ravine where can be seen
そこからは、深い峡谷を眺められ
The worst of passions pledged.
そして"最悪"の愛を誓いあった
The Queen of Hearts still making tarts
俺の女王さまは、まだ辛らつな言葉も衝かず
And I not making hay,
俺は、報いも受けていなかった
Well I loved too much; by such and such
そう、俺は彼女をこの上なく愛した、だが想像も容易いだろうが、
Is happiness thrown away.
俺の幸せは、消え去っていったのだ

I gave her the gifts of the mind.
俺は自分にありったけのものを彼女に贈った
I gave her the secret sign
神秘的なサインを彼女に贈った
That's known to all the artists
それは俺が知りえる全ての芸術家
Who have kown true Gods of Sound and Time.
感じられる真(まこと)の神の調べと、ともにある時間
With word and tint I did not stint.
聖なる言葉や神の織り成す色彩を
I gave her reams of poems to say
ありったけの詩を語りかけた
With her own dark hair and her own name there
彼女の深い髪色や、彼女が存在することが
Like the clouds over fields of May.
ちょうど、五月の空にひろがる雲のように感じられた

On a quiet street where old ghosts meet,
時間が止んだ通り、ゴーストにも出会えるんだが
I see her walking now away from me,
俺は今、歩き始めた彼女をみている 俺から去ろうとする
So hurriedly.
とても急ぎ足で 
My reason must allow,
仕方がなかったんだ
For I have wooed, not as I should
求愛したのさ、そうするしかなかった
A creature made of clay.
この命は粘土をこねて創られた
When the angel woos the clay, he'll lose
天使が人間に求愛したとき、失う
His wings at the dawn of the day.
彼の翼はその日のうちに失われたのだ
関連記事
2005.11.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://pantyann777.blog7.fc2.com/tb.php/36-d76f7fff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。