上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
510.jpg

国内盤で対訳つきなので、別にいいかなと思いつつ、つつ挑戦。
やったからにはアップですか、臆面もなく。
それよりも、あまりに荘厳すぎる言葉の羅列に臆面どころではありません。
いいのかなぁ、実際。
聞くところによると、《Nirvana 》はドノヴァン自身のインタビューで
”体験意識を歌ったものではなくて、
単純に「般若心経」を自分なりのリズムと音階で歌ってみたもの”
ということ。
それをバナナの叩き売り如きの誤訳で、ささ、いってみましょう。
そんな訳でドノヴァンに一切の責任はありません(!)
ついでに”Sleep”もいきます。
これなんか、対訳マンマでもいいのではないだろうか。
・・止めておこうかと思ったのだけど、せっかくだからいく。
歳末大放出、忙しくてもやるときはやります。
それに暮れの予定はほぼ終えました(早
2006.12.30 / Top↑
ジェラルディンは辞書で調べたら女の子の名前だったので
もう一回チャレンジ。で、もう一回チャレンジ。



Oh, I was born with the name Geraldine
わたしはジェラルディンという名前で生まれた
With hair coal black as a raven.
カラスのように真っ黒な髪で
I travelled my life without a care,
何の気なしにこれまで生きてきた
Ah, but all my love I was savin'.
あぁ、それでも愛だけは守ってきた

Oh, the winds blew high and the trees did sway
風が木を揺するほど、強く吹きつけた
Not much from life was I askin'.
これまでたいして何も求めては来なかった
Till I met someone to give all my love,
わたしの愛を捧げられる誰かに出会えるまで
All my love, so long an' lasting.
わたしの愛は、ずっとずっと変わらない


Oh, good were the parts we played in our game
幸せなんて、わたしたちのゲームのほんの一部分だわ
And a long ways off was tomorrow.
そして長かったその道のりも明日には終わる
But my love was a rambler and restless as the sea,
だけど彼は流浪人、波のようにとどまることを知らず
And in the tide came sorrow.
悲しみが潮のように寄せてくる

Oh, a child of the night is goin' to be born,
あぁ、望まれないこどもが生まれてくる
I can't explain my confusion.
どうしたらいいのかわからないわ
Is my love thinkin' to marry me at all
あなたは結婚したいと思っているのかしら
Or of the freedom he thinks he'll be losin'?
それとも自由を失しなうと考えているの?

I sit with my friends in the gay crowded room,
陽気な仲間で溢れかえった部屋にわたしは座り
My friends they're smokin' and a-talkin'.
仲間たちは煙をふかしながらおしゃべりに夢中
But it all seems so empty, my love is not there,
だけどすべてが空しく思える、彼はそこにいない
So I'll go into the streets a-walkin'.
だからわたしは通りに出て歩くことにする

My baby is a-growin' as a-growin' it must,
赤ん坊は当たり前のように育ってゆくものなの
If I were to lose it, it would grieve me.
もしもこの子を失うことになったら耐えられそうにないわ
My love is so helpless and I'm wonderin' what to do.
彼は無力だし、どうすればいいのか分からない
Oh, how I yearn to help him.
あぁ、なんとしてもこのこを救わなくては

Oh, we could go to the land of your choice
わたしたちはいるべきところを選べたの
Where the false shame won't come knockin' at our door.
いわれのない屈辱が、わたしたちのドアをノックしないところ
I've a feeling in my heart and it's crushing all my hopes,
分かってるわ、望みは砕け散ってしまったけど
I think I'm gonna be hurt some more,
もう少し痛みの中に自分をおこうと思っている


Oh, I was born with the name Geraldine,
わたしはジェラルディンという名前で生まれた
With hair coal black as a raven.
カラスのように真っ黒な髪で
I travelled my life without a care,
何の気なしにこれまで生きてきた
Ah, but all my love I was savin'.
あぁ、それでも愛だけは守ってきた
2006.12.10 / Top↑
早朝起きしたので、気になっていたこの曲を訳してみた。
イッキ仕上げなので、これからスキっと手直しせねばならないのだろうけど、相変わらずぶっ飛んではいまいかそれが心配。
my loveは愛しい君・・じゃぁないよね(なんともはや)
恐いもの知らずめ。


Oh, I was born with the name Geraldine
僕はジェラルディンという名で生まれた
With hair coal black as a raven.
カラスのように真っ黒な髪で
I travelled my life without a care,
僕はたった一人で自分の人生を旅してるんだ
Ah, but all my love I was savin'.
というのか、愛のすべてで僕は守られているのだが

Oh, the winds blew high and the trees did sway,
木を揺するほど、風が強く吹きつけていた
Not much from life was I askin'.
人生についてそれほど問いかけもせず
Till I met someone to give all my love,
愛のすべてを与えてくれる何ものかにで出会うまで
All my love, so long an' lasting.
僕が求める愛は、永遠にも思えるほど遠くにある

Oh, good were the parts we played in our game
”良き”ものは僕らが演じるゲームの一部
And a long ways off was tomorrow.
その長い道のりの終わりは明日なのか
But my love was a rambler and restless as the sea,
だけど君は不安定で、波のように揺れ動き
And in the tide came sorrow.
悲しみが潮のように押し寄せてくる

Oh, a child of the night is goin' to be born,
あぁ、闇の子供が生まれてくる
I can't explain my confusion.
この混乱をどのように説明しようか
Is my love thinkin' to marry me at all
君はまるごと僕を取り込もうと考えているのだろう
Or of the freedom he thinks he'll be losin'?
それとも自由を失くしたいと考えているのか

I sit with my friends in the gay crowded room,
陽気な仲間でひしめいた部屋に僕は座っている
My friends they're smokin' and a-talkin'.
仲間たちは煙をふかしながら話題に花を咲かせている
But it all seems so empty, my love is not there,
だけどすべてが空しく思えて、僕の求めるものはそこにはない
So I'll go into the streets a-walkin'.
そんなわけだから僕は通りに出て歩くことになる

My baby is a-growin' as a-growin' it must,
僕の子供はもっともっと育たなきゃならないんだ
If I were to lose it, it would grieve me.
もしも何かを失いでもしたら、深い悲しみにくれるだろう
My love is so helpless and I'm wonderin' what to do.
僕の子供は本当に無力で、何をすべきかも分かっちゃいない
Oh, how I yearn to help him.
あぁ、それでもなんとか彼を救い出さなくては

Oh, we could go to the land of your choice
僕らは自分の選んだ王国を歩めるんだ
Where the false shame won't come knockin' at our door.
いわれのない屈辱が僕らのドアをノックしない場所
I've a feeling in my heart and it's crushing all my hopes,
心に宿るこの感覚、僕の望みのすべてを射すくめるよう
I think I'm gonna be hurt some more,
もう少し痛みのなかに自分をおこうと考えている

Oh, I was born with the name Geraldine,
僕はジェラルディンという名で生まれた
With hair coal black as a raven.
カラスのように真っ黒な髪で
I travelled my life without a care,
僕はだった一人で自分の人生を旅してるんだ
Ah, but all my love I was savin'.
というのか、愛のすべてで僕は守られているのだが

2006.12.07 / Top↑
本当の誤訳で自分に"大して"ごめんなさい・・・いいんじゃない? 
分からないところは創作しているから・・・・了解~
創作すらできないところはスルーしているから・・・・了解~ 



I walked in my greatcoat
厚手のコートに身を包み、俺は歩いた
Down through the days of the leaves.
晩秋の葉群の日々を過ぎ越すように
No before after, yes after before
そこもかしこ、あぁ、見渡す限り
We were shining our light into the days of blooming wonder
日を追って眩く変化する葉群に驚き、その輝きに圧倒された
In the eternal presence, in the presence of the flame.
永遠の存在である、燃え出るその光を目の当たりにする
Didn't I come to bring you a sense of wonder
あぁなんてことだ、俺に迫るこの驚きの感覚は
Didn't I come to lift your fiery vision bright
燃ゆるほどまぶしい光景が、俺を高揚させる
Didn't I come to bring you a sense of wonder in the flame.
あぁなんてことだ、燃えるように俺に迫るこの驚きの感覚は

On and on and on and on we kept singing our song
俺たちは一つになり、来る日も来る日も俺たちの歌を謳い続けた
Over Newtonards and Comber, Gransha and the
Ballystockart Road.
・・・・・・・・
With Boffyflow and Spike
・・・・・・・
I said I could describe the leaves for Samuel and Felicity Rich,
俺はサミュエルとフェリシティリッチにこのことを語ってみせよう
red browney, half burnt orange and green.
赤い小妖精ブラウニーのことや、橙色と緑色が奏でるこの光景を

【スコ伝説】 ブラウニー  夜現われてひそかに農家の手回り仕事をする《小妖精》はbrownieだから、このままではまずいかも。
葉っぱが紅葉していく神秘をストレートに色彩で表現しただけかも。

Didn't I come to bring you a sense of wonder
あぁなんてことだ、俺に迫るこの驚きの感覚は
Didn't I come to lift your fiery vision bright
燃ゆるほどまぶしい光景が、俺を高揚させる
Didn't I come to bring you a sense of wonder in the flame.
あぁなんてことだ、燃えるように俺に迫るこの驚きの感覚は

It's easy to describe the leaves in the Autumn
秋に紅葉を説明するのは容易いこと
And it's oh so easy in the Spring
そう、春の若葉もまた容易い
But down through January and February it's a very different thing.
しかし一月、二月と命が循環していることを知るのは難しい
On and on and on, through the winter of our discontent.
俺たちが冬の厳しさに不満を抱く間も、絶えることなく続いてゆく
When the wind blows up the collar and the ears are frostbitten too
吹きすさぶ北風に襟を立てるときも、寒さで耳が凍てつくときも
I said I could describe the leaves for Samuel
and what it means to you and me
俺はサミュエルのために、自然の営みがお前と俺に意味することを語れる
You may call my love Sophia,
お前は可愛いソフィアを呼ぶかもしれないが
but I call my love Philosophy.
俺はフィロソフィ(哲学)を呼ぶことにしよう

Didn't I come to bring you a sense of wonder
あぁなんてことだ、俺に迫るこの驚きの感覚は
Didn't I come to lift your fiery vision
燃ゆるほどまぶしい光景が、俺を高揚させる
Didn't I come to bring you a sense of wonder in the flame.
あぁなんてことだ、燃えるように俺に迫るこの驚きの感覚は
2006.11.19 / Top↑
合ってるかどうか分かんないけど、朝っぱらからおひさでイケイケ



Every song is a cry for love
あらゆる歌は愛を求めて叫び
Every voice can rise above
あらゆる歌声は天高く立ち昇る
So don’t be afraid
だから怒れないで
Just show what you’re made of
さぁ、きみができることは何かを示して
Sing it out.
歌うんだ
Every Song is a cry for love
あらゆる歌は愛を求めて叫ぶんだ

Every day is a brand new start
毎朝、真新しく生まれ変わり
Every night you could fall apart
毎夜、疲れ果てて落ちてしまう
Any time you doubt
きみが疑念をもつどんな時間も
The truth that’s in your heart
真実はきみの心の中から失われない
Sing it out.
さぁ、歌うんだ
Every song is a cry for love
あらゆる歌は愛を求めて叫ぶんだ

Being strong, being tough
強くあれ、たくましくあるんだ
Never tender always rough
いつもいつも苦しいわけじゃない
It was never enough for me
それはとても満たされるものじゃない
In the dead of the night
一日の終わりには
Only love can hold you tight
愛だけがただきみを繋ぎとめられる
Sing it out.
さあ、歌おう
Every song is a cry for love
あらゆる歌は愛を求めて叫ぶんだ

Every kiss is a call for home
優しいキスのすべてが、心を呼び戻せる
Every touch means you’re not alone
ふれあいのすべては、きみがひとりではない証し
You don’t always have
いつもそこにあるとは限らないのだから
To make it on your own
きみ自身でそれを見つけるんだ
Sing it out.
さあ、歌おう
Every song is a cry for love
あらゆる歌は愛を求めて叫んでいる

Music & Lyrics: Brian Kennedy

おまけで荒川しずかのイナバウア

2006.11.13 / Top↑

[広告 ] VPS


"Lady of the Lemon Tree"

the child tastes the sea in the tear that you shed,
幼い子供が海のなか 君の流した涙の
and the child feels the pain in the dream that swims by
痛みに触れてる 波間に揺れる 夢の中で
that he may or may not know
今は分かっても、分からなくても
but he will when he hearts seas
いずれは心に刻むときがくる
own Lady of the Lemon Tree
愛しい人 レモンの木の
as Lady of the Lemon Tree
愛しい人 レモンの木の

Sails on the Sea
海を漂うのか
wheels on the Land
地を彷徨うのか
cannot carry me further than I stray from your hand
君のもとから遠く離れるなんて ぼくはできなかったんだ
and the gift I must leave you is the burden you carry
なのに去らねばならないことで、君を苦しめている
my Lady of the Lemon Tree
僕の愛しい人 レモンの木の
my Lady of the Lemon Tree
僕の愛しい人 レモンの木の


out there on loneliness hill sadness and sorrow
孤独の壁の向こう側で 深い悲しみに
your companions still
君は息を潜めてる
I'll be there at the end of your life
ここにいるよ きみの命を終えるときには
I'll be there
僕はここにいる
to see human sorrow behind
人が残す悲しみを この目で見るために


The trouble with me, as I see
僕がトラブルを招いたんだ わかっている
the trouble with me, as I see
僕がトラブルを招いたのはわかっているんだ
animate your heart, over the door
勇気を出して、扉の外に出ておくれ
animate your heart, over the door
勇気を出して さぁ出直すんだよ
could you be happy here ? 
ここで幸せになれたかい?
could you believe
本当にそう信じていたのかい?
I don't know why
なぜこうなってしまったのか、僕にも分からないんだ
you even try
きみはどうにかしようとしていたのに
I can find one friendly eye...
きみの瞳に優しさを見つけられるのに...

--------------------------------Changes

everything is wrong
物事はすべて間違いであり
everyone is right
正しくもあるんだ
don't let the changes get you down man
何かが変わったからって、気を落とさないで
everyone is wrong
誰でも間違いを起こすものだけど
everything's all right now
本当は正しかったりもするんだ
don't let the changes get you down man
変化にとらわれないで、落ち込まないでおくれ

butter your toast and let's go
トーストにバターを塗って、さぁ行こう
off to the coast we must go
クスリはやめて、旅立つんだ
botton up a coat and let's go
さあ、コートのボタンをかけて、出かけよう
don't wanna boast but i'll grow much better there
確信があるわけじゃないけど、今よりずっと良くなるさ
don't let the changes get you down man
ときの流れに、押しつぶされるなよ

viet nam biafra
ベトナムやビアフラは
the obsurdity of greed
どん欲の証だよ
how much can one man possibly need
いったいどれだけの人間が必要とするのか
sickness and disease
病みと腐敗を
and ignorance on every side
あらゆる角度から眺めてみて、無知を知るんだ
don't let the changes get you tight
ときの流れに惑わされないで、ほら、しっかりしなよ

butter your toast and let's go
トーストにバターを塗って、さぁ行こう
botton up a coat and let's go
コートのボタンをかけて、出かけよう
off to the coast we must go
クスリはやめて、旅立つんだ
don't wanna boast but i'll grow much better there
確信があるわけじゃないけど、今よりずっと良くなるさ
don't let the changes get you down man
ときの流れに、押しつぶされるなよ


2006.08.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。