上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

放射線防護学の第一人者である札幌医科大学の高田純教授によれば
一生涯における放射線量という考え方には、ほとんど意味がないそうだ。

「放射線というのは、ずっと体内に蓄積されるものではない。なぜかというと、
人間の細胞は毎年といわず毎日、どんどん新しいものに入れ替わっていくからだ」

「皮膚の細胞は2週間で入れ替わってきれいになる。
髪の毛やヒゲなどもそう。例えば皮膚が、今月に10ミリシーベルト、
来月も同じく10ミリシーベルトを被曝しても、
来月の皮膚は今月の10ミリシーベルトを覚えていない」

「だから、『生涯に受ける放射線量』というのは、実はほとんど無意味な表現である。
『何十年たつと100ミリシーベルトに達する』などという人もいるが、
これは全く心配する必要はない。過剰に危険性をあおるのは科学的ではない」

不必要に厳しい基準を設ければ、農産物等の生産者に対して必要以上に厳しい仕打ちになるだけだと。
政府も自民党時代は高田教授の意見に耳を貸したそうですが、今の政府は皆目耳を貸さないそうです。



2011/10/27 17:56 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102701000522.html

食品中の放射性物質が健康に与える影響を評価していた内閣府の食品安全委員会は27日、「生涯の累積線量100ミリシーベルト以上で健康影響が見いだされる」とする評価書をまとめた。

 生涯累積100ミリシーベルトの数値について「食品摂取による内部被ばくの影響だけを評価した」としている。食安委ワーキングループは7月、「外部被ばくと内部被ばくを合わせ生涯100ミリシーベルト」としていたが、説明不足として事実上、修正した。

 食安委答申を受け、厚労省は31日、薬事・食品衛生審議会を開き、食品の暫定基準値の見直し作業を開始。現行基準値を引き下げ、より厳しくするとみられる。 
2011.10.29 / Top↑
リバティニュースクリップより転載します
福島の仮設世帯、「7割、仕事していない」
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3100

21日付読売新聞によると、福島県内の仮設住宅に暮らす人のうち、家計を支える立場にありながら仕事に就いていない人が7割近くに上るという。

すでに震災から7カ月が経過しているが、被災者の雇用は遅々として進まない。民主党政権が「復興、復興」と叫びながら、きちんと手を打っていないことの証左だろう。このままではいくら増税したところで、被災者の失業手当や生活保護で消えて行きかねない。

民主党のような「左翼貧乏神政権」では、被災者を「哀れな人たち」と見て、ただお金で補助することばかりを考え、増税によって、ますますこの国を貧乏にしていく。

しかし、考え方ひとつで、被災者の方々も「働ける人たち」に変わる。また「働きたい人たち」なのだ。
であれば、大胆に雇用を創出するために、大胆な公共投資をすべきだろう。震災復興なのだから、大きなプランを描いて、「被災地を未来都市に変える」ぐらいやればいいのだ。

今、「TPPに参加すれば、日本農業は壊滅する」と農業関係者は反対するが、これを機に、農業を「未来産業」に変えればいい。すでに本誌で提言している「野菜工場」を大規模に展開すれば、日本の果物や野菜は高額の輸出品になる。

福島で土の放射能除染が大変ならば、工場とビル群に変えてしまうくらいの発想を持てばよい。「公共事業は悪」「コンクリートは悪」という発想が民主党にあるが、要は「ムダな公共事業は悪」であって、「必要な公共事業は善」なのだ。

とはいえ、民主党政権に大胆な発想は願うべくもないだろう。大胆な政治家の出現を願って、世論を喚起するしかない。


参照記事 どちらも有料記事にてごめん候
日本から貧乏神をたたき出す強力復興プラン
http://www.the-liberty.com/article.php?pageId=1&item_id=1867
どっちつかずの農業政策 TPP推進なら戸別所得補償はやめるべき
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3098
2009年12月号 よみがえれ農業ー所得補償より自由化を
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=892
2009年8月号 ニッポン繁栄8つの提言【5】未来産業として農業を再興し雇用を創出する!
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=646


2011.10.22 / Top↑
テレビあんまり観ない(いかんなあ)自分に
仕事上がりの連れ合いが世田谷事件の最新ニュースを教えてくれました
そうしているまに、民家の床下から出てきたブツがどーたらニュースが流れてきました。

リンクでご紹介です。☆

二階に上がって「ラジウム」で梯子をはずされた「武田邦彦」、さぁどうする?
http://jgsdf74tk.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-3cc5.html

さくらさくやさんのところはフォントサイズが優しいので年寄り向きですよね。
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/03b31a8018551ecbb961b349e875788c?fm=rss


さて昨日の続編です。
前後左右切ったり貼ったり、簡略化したりという工夫だけはしております。
詳細はご著書をお読みくだされ。

(高田)
私は広島で研究を始めた人間で、多くの被災者と接してきた経験から、日本が核武装するのは心理的に反対で、これ以上地球上に核爆弾を増やしたくありません。
しかし、そうするためには「非核三原則」に寄りかかり自国の安全のみに淡々とするわけにも行きませんね。
現実的脅威がある以上少なくとも日本はただ非核三原則を遵守するのではなく、「核兵器は作れるけれども作らないのだ」というアピールはするべきです。
それだけでも核保有国への牽制になります。

(兵頭)
真剣の日本刀を持ったことのない人が、よく研磨された日本刀を目の前にみせられたら、誰でも恐ろしがると思います。


現在の状況を将棋にたとえれば、日本には核を搭載した飛車角がないのは誰もが知っている事実である。
一方日本の政治・経済・文化の中心地たる東京(王将)の防護はどうかといえば、これは非常に寒い。
もし、核弾道ミサイルが東京に発射されれば、日本にはほとんど打つ手がない。
つまり護りの金銀が存在しないともいえる。
この現実を国民は認識し、今後の出発点としなければと筆者は思う。
相手はわが国に王手(核ミサイルの発射)をいつでもかけられる状況にあるのだ。

大は小を兼ねるがしかしその反対はない。
核攻撃を受けることはありえない、などとあまり根拠のない楽観主義に依拠していては、いざというとき日本は簡単に相手国に王将(東京)を取られてしまうだろう。

核攻撃では地上施設は比較的簡単に破壊される。
したがって、それに対抗するには司令室、情報発信基地、情報幹線の地下化が必要である。
地中深く建造された強固な軍事施設を破壊するための兵器を、地中貫通核ミサイルというが、各国は、国の指導者、軍事司令部、大量破壊兵器など、国家的、軍事的に重要な組織・兵器を保護するための堅牢な施設を、地下の深い位置に建設している。軍事的にはそうした施設は深く埋設された強固な標的(HDBT)と呼ばれる。
米国防衛省は、世界中に一万のHDBTと認識されたか、HDBTと疑わしき施設が存在していると推定している。
国家として必要なHDBTは建設すべきと考えるが、戦後の日本政府はいくつHDBTを建造したのだろうか。




大きな敷地の森の中で緑の芝の上に建ち、地上3階地下3階、窓の少ない分厚い鉄筋コンクリートの外壁。
東館の地下にある大統領危機管理センターは核シェルター機能を有するらしい米ホワイトハウス。

一方わが国の総理官邸はどうだろうか。
南側が赤坂の街と接する狭い敷地にある。
隣接する山王パークタワーと、キャピトル東急ホテルの高層階からは覗かれる位置にある。
2002年に完成したガラス張りの新官邸は、地上五階、地下一階、危機管理センターは地下一階にある。
核爆発からの衝撃波に耐えられる防護扉でなければ、内部は破壊されることになる。

政府及び大企業の中枢のコンピュータが破壊され使用不能になれば、その影響は全国に及ぶから、コンピュータ情報のリスク分散は二十一世紀の生き残りのための必要な対策である。

適当に抜粋

核と刀―核の昭和史と平成の闘い核と刀―核の昭和史と平成の闘い
(2010/05)
高田 純

商品詳細を見る

2011.10.15 / Top↑
核災害でもっとも大きな被害をもたらすのは爆発時の閃光と衝撃波である。
核災害から生き残るためにはこの二つによる初期被害を如何に回避するかがポイントになる。
広島の場合もこの二つが20万人を超す死傷者をもたらした。
核兵器といえば放射線被爆を思い浮かべる人も多いかもしれないが、放射線は脅威の一部でしかない。
放射線は核爆発エネルギーの5%に過ぎない。

地上にいる人間は吹き飛ばされ、コンクリートに激突して死亡する。
あるいは建物の中にいて熱線を免れても、粉々に吹き飛ばされたガラスやコンクリート片が突き刺さって死亡する。
広島や長崎の場合、戸外にいて吹き飛ばされた人も多かったが少し遠方では弾丸のように飛んでくる、ガラス片が突き刺さり絶命した人が圧倒的に多かった。

空中核爆発、地表核爆発による違いはあるが、防災手段の大きなポイントは三つ。

①まず屋内に退避しなるべく窓のない部屋に入る。
②爆発の瞬間までに伏せる
③爆発が収まってから地下鉄など地下空間を利用して脱出する。

地下鉄構内、地下街、公共の地下駐車場を増やすだけでも
それで救われる命が何万人にもなろうと思う。
核シェルターを初めとする地下施設の設置は重要な防災手段である。

東京は世界でも有数の地下鉄網が張り巡らされている。
核攻撃が起きた場合、地上の電線はズタズタに切断されるが、
もし緊急時の内部電源を確保して災害時でも平常に地下鉄を運行できれば、
多くの被災者を危険なゼロ地点周辺から避難させられるだろう。
緊急時には自衛隊による運行が可能なように法整備を早急にするべきである。

適当に抜粋

核と刀―核の昭和史と平成の闘い核と刀―核の昭和史と平成の闘い
(2010/05)
高田 純

商品詳細を見る

2011.10.14 / Top↑
出費痛いな~~痛い痛い。
でも読みたいと思った。

単純といえばそれまでですが

アマゾンと思うでしょー、楽天か?
いいえ、わたしはセブンアンドワイ派です。

日本の反核運動=中国の核兵器応援運動  ハッピーナッツさん
http://hskamember.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-9b29.html

核と刀―核の昭和史と平成の闘い核と刀―核の昭和史と平成の闘い
(2010/05)
高田 純

商品詳細を見る
2011.09.19 / Top↑
約60万円はするものの、日本製品は正確だった。
信頼性に欠ける、ほとんどの方々が利用した10万円以下の測定器は全て中国製だった。
中には8倍もの誤差が出る中国製品もあって
利用者は誤値に翻弄され続けてきた・・・
いまだにあおり続ける大臣は早々に辞任してしまった。
レベルの低い子ども染みた発言をしたみたいで・・
大臣である前に、国会議員そのものを貶めるような。

ある意味では国会議員たるものの実態を
より分かりやすく示してくれただけなのかもしれない。
そういうお役を担ってくださったのであれば(いきなり丁寧語になる)
一定の評価を下したいと思います、はい。

事故後から比べて放射線量は1000万分の1に減っているんだってね。
万分の1ですよ。これってどうよ。
ごく原発周辺はともかく。


ところで全然話は変わるけど、トム・クルーズは「学習障害」だそうですね。
学習障害といっても症状はそれぞれで、彼の場合は読字・書字の困難。
新聞も本も読めないんだ・・・・
セリフを読めないので、記憶力のみで勝負しているというのでたまげます。
有名なアスペルガーには才能豊かな人物が歴史上にも数多く存在しています。
坂本竜馬やイチローや、さかなくんなんかもそのようです。
世のため人のためになるような、言い方は荒っぽいけど「キチガイ」よ出でよ
小さな常識に固まるな、そういうふうにハッパかけられていますよね。
なんかちょっと自分もアスペルガーに生まれてみたかったなあ。

2011.09.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。